世帯分離って何?・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

世帯分離って何?


●介護保険料が安くなる

 お父さんが世帯主、お母さんと子供が世帯員という家庭が多いだろうが、老親と住んでいるとおじいちゃんが世帯主だったり、おばあちゃんも世帯員だったりする。この老親と世帯を分離する家庭が増えている。世帯分離すると介護保険料が安くなったり、老親の入院時の負担が軽くなるからだ。

「世帯分離」しても生活は以前と同じ。一緒に暮らし、家計も変わらない。ただ、同じ屋根の下に2つの世帯ができるだけだ。世帯を分けることで、介護保険料、介護保険や医療費の利用者負担が安くなる。

 手続きは簡単で、市役所や区役所で所定の用紙に記入して提出するだけ。なぜ世帯を分離するのかなどと聞かれることはないし、特別の証明書みたいなものの提示を求められることもない。では、どんなメリットがあるのだろう。

 自治体によって保険料は異なるが、たとえば夫婦(夫55歳、妻54歳)と子供、収入は国民年金だけの母親(78歳)と東京・渋谷区に住んでいるAさんのケースで見てみよう。

 Aさん宅の介護保険料は夫婦の均等割額(1人1万2000円)と所得割額(夫婦の住民税額の19%)におばあちゃんの4万600円を合わせたものだ。

 これをおばあちゃんとの世帯分離にするとどうなるか。おばあちゃんの介護保険料が4万600円から2万7400円と1万3200円安くなる。

「“本人が住民税非課税で世帯に住民税課税者がいる世帯”から、おばあちゃん1人だけの“世帯全員が住民税非課税(基準所得80万円以下)”と区分が変わるからです」(ファイナンシャルプランナー)

 ただ、お父さんが組合健保や政府管掌健保の場合は、おばあちゃんを健保の扶養からはずすと、おばあちゃんの国民健康保険料が発生してしまう。しかし、扶養は同一世帯という規定がなければ、世帯分離しても健保の扶養はそのままにしておくことは可能だ。

●医療費負担が軽くなる

 老人保健法の改正で老人の医療費負担が増え、入院時(一般病床)の食事費も払うことになった。負担額は「一定以上所得者」と「一般」「低所得者」に分けられているが、Aさんの家のおばあちゃんはもともと「一般」だったから、医療費負担は世帯を分離しても1割で変わらない。しかし、「食事費」は安くなる。

「一般のままだと食事費は1食につき260円ですが、世帯分離するとおばあちゃんは住民税非課税世帯になるので100円です。1日3食で480円、1カ月1万4880円も安くなります」(ファイナンシャルプランナー)

 医療費の自己負担限度額も変わる。Aさんと同じ世帯のままなら外来が1カ月1万2000円、入院が同4万4400円だが、おばあちゃんの1人世帯になると外来8000円、入院2万4600円と低くなる。これは組合健保、政府管掌健保でも同じ。

 組合健保などの場合、世帯分離してもお父さんの毎月の保険料は変わらないが、老親の介護保険料や医療費負担は減る。サラリーマン世帯も検討の余地ありじゃないか。(livedoor


こういうのって「知っている人だけ得をする」っていう情報なので記事にしてみました。

たしか所得税では世帯が別でもちゃんと扶養していれば、扶養控除の対象になるはず。
「扶養控除」(国税庁のタックスアンサー)

あとは会社の健康保険の問題だけだよね。
これは会社によって違うのかなぁ?
調べてみる価値はありそうですね。
ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会世帯分離って何? |
2007-01-14  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...