『永遠の0』、歴代13作目の文庫100万部超え・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースジャポン全記事ランキング


TOPスポンサー広告スポンサーサイト |
--------  Top▲

『永遠の0』、歴代13作目の文庫100万部超え


戦争を通して“家族の絆”を描いた百田尚樹『永遠の0』(2009年7月発売/講談社)が、10/15付“本”ランキング文庫部門で週間4014部を売り上げ、累計売上が100.4万部と100万部を突破。今年5/14付で有川浩『阪急電車』(10年8月発売/幻冬舎)が獲得して以来、文庫部門13作目の100万部突破となった。

 本作は、06年に発表された百田のデビュー作。第2次世界大戦時、臆病者と罵られながら「妻との約束のために生きて帰る」と言い続け、特攻で命を落とした一人の零戦乗りの生涯を、その孫が終戦60年目の夏に明らかにする物語。当時の戦況や時代背景とともに描いた壮大なストーリーが口コミで人気を呼び、2009年の発売からロングセラーとなっていた。今年5月にはV6・岡田准一、山崎貴監督で映画化が発表され、再び注目を集めている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121010-00000336-oric-ent


「永遠の0」って、確か児玉清さんが絶賛していた作品だよね。
知っていたけど、ここまで売れていたとは・・・

恥ずかしながらまだ読んでいないので、今度読んでみよう。

「永遠の0」関連作品

ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会『永遠の0』、歴代13作目の文庫100万部超え |
2012-10-11  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。