レバ刺し“解禁”へ 放射線照射で殺菌検証・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースジャポン全記事ランキング


TOPスポンサー広告スポンサーサイト |
--------  Top▲

レバ刺し“解禁”へ 放射線照射で殺菌検証


生食用での提供が7月から禁止された牛のレバー(肝臓)について、厚生労働省は研究班を設置し、放射線照射による殺菌効果を確認する研究に乗り出すことを決めた。照射は、海外では香辛料や肉、果物などさまざまな食品で認められているが、日本で許可されているのは発芽防止目的のジャガイモだけ。レバーへの照射が解禁されれば、他の食品での利用が広がる可能性もあり、注目が集まっている。(平沢裕子)


 ◆実用化がカギ

 レバーへの照射の研究は国立医薬品食品衛生研究所(東京都世田谷区)などが実施。照射によって、レバー内部のO(オー)157(腸管出血性大腸菌)などを死滅させることができるかを確認するとともに、レバーの変質の程度を調べる。研究のための補助金は1千万円。

 主任研究員を務める同研究所食品衛生管理部の五十君(いぎみ)静信室長は「照射の研究は海外で既にさまざまな食品で行われているが、レバーについてのデータはない。今回の研究は、照射がレバーを生食するために使える技術かどうかを検証するため。有効性が確認された場合、安全性などの検証も必要で、すぐにレバーを生食できるようになるわけではない」と話す。

 国がレバーで照射の研究に乗り出したのは、業界団体の日本畜産副産物協会(港区)から要望書が提出されていたことに加え、「レバーを生食したい」という消費者の要望が強かったこともある。国が税金を使って安全性を検証する以上、実際にその技術を使った商品が市場に出回らないと意味がないためだ。

 日本で唯一、照射が許可されているジャガイモの場合、実際に照射したジャガイモを扱っているのは北海道の士幌町農協のみ。国内のジャガイモの端境期(3~4月)に約6千トン(平成24年)の出荷にとどまっている。

 ◆メリット知って

 世界に目を向ければ、照射は生鮮果物・野菜、穀類、豆類、魚介・肉類、香辛料などさまざまな食品で用いられ、処理量は40万5千トン(2005年、内閣府食品安全委員会のファクトシートより)に上る。中でも多くの国が利用しているのが香辛料やハーブへの照射だ。

 日本でも平成12年、全日本スパイス協会(千代田区)が殺菌目的で香辛料への使用許可を厚生省(当時)に要請。しかし、許可の前提となる食安委のリスク評価もいまだに実施されていない。

 食品への照射をテーマに食の問題に取り組んでいる「食のコミュニケーション円卓会議」の市川まりこ代表は「放射線照射は温度を上げずに殺菌でき、食中毒のリスクを下げるメリットがあるが、このことを知らない消費者は多い。レバーでの研究が消費者の理解につながるきっかけになってほしい。O157による食中毒はサラダや浅漬けなどでも起こっている。今後、浅漬けのような食品への照射を検討してもいいのではないか」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120906-00000542-san-soci


放射線と聞くと、どうしても拒否反応が出てしまうけど、よく考えたら最近は医療現場でも放射線治療が行われてるよなぁ。
そう考えると大丈夫なのかな?という気もします。

人体に影響なく安全に殺菌できるのなら、いいんじゃないかと個人的には思います。

ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会レバ刺し“解禁”へ 放射線照射で殺菌検証 |
2012-09-06  Top▲
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。