<わいせつ被害>大半がマンション2階以上 無施錠多く・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースジャポン全記事ランキング


TOPスポンサー広告スポンサーサイト |
--------  Top▲

<わいせつ被害>大半がマンション2階以上 無施錠多く


大阪府内で昨年、屋内でわいせつ被害に遭った女性の大半が2階以上の部屋で襲われていたことが、府警への取材で分かった。マンションのベランダから無施錠の窓を開けて侵入するケースが多いという。関西電力管内では7月2日から節電要請期間が始まるが、府警は「電力需要が比較的少ない深夜は、エアコンをつけてでも極力施錠して被害防止に努めてほしい」と呼び掛けている。【向畑泰司、武内彩】

 「2階以上の部屋は無施錠が多く、狙っていた」。大阪市内を中心に1人暮らしの女性の部屋に侵入してわいせつな行為を繰り返したとして、昨年5月に強盗強姦(ごうかん)容疑などで府警に逮捕された男(39)はこう供述した。男はインターネットで女性専用マンションを検索。深夜にマンションの壁や雨どいを登ってベランダの窓が無施錠の部屋を探し、女性を襲ったという。11階に住む女性が被害に遭ったケースもあった。

 府警が昨年発生した屋内の強姦事件を分析したところ、約8割が無施錠の女性宅で起き、被害女性の大半は2階以上に住んでいた。大学や短大が集中する地域では、治安が安定した地方の高校出身者が無施錠で被害に遭うケースも目立った。ある捜査員は「1階の女性は注意深く施錠するが、2階以上は油断して無施錠の場合が多い。そこを狙う犯人が多い」と指摘する。季節ごとの発生件数を見ると、夏場が多い傾向にあるという。

 夏の電力不足を避けるため、関電は7月2日~9月7日の平日に節電を要請し、特に電力需要が多い午後1~4時の重点的な節電を呼び掛けているが、夜間については「防犯に気をつけながら、無理をせずに節電に協力してほしい」と話している。エアコンの設定温度を2度上げるだけで10%、扇風機だけを使えば50%の節電になるという。

 府警府民安全対策課は「昼間は節電に協力し、夜間はしっかり窓を閉めて防犯対策を優先してほしい」としている。

 ◇大阪、09年から増加

 大阪府内で昨年起きた性犯罪の認知件数は強制わいせつが1251件、強姦が118件。強制わいせつ事件は全国的には減少傾向だが、大阪では09年から増加しており、10年には東京を抜き、2年連続で全国ワースト1になっている。強姦事件も東京に次いで2番目に多い。今年は5月末までに、強制わいせつが414件、強姦が45件あり、昨年とほぼ同じペースで事件が起きている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120629-00000058-mai-soci


確かに気持ちはわかる。

今頃の季節は特に。
エアコンまでは必要ないけど、窓を閉めきると何となくもあっとして暑い。
窓を開けたくなるよね。

マンションの高層階なら特にそう思うよね。
まさかベランダ側をよじ登って来るなんて思いもしないしね。

女性の皆さん、気をつけましょうね。

あっでも、わいせつ目的だけじゃない人も部屋に侵入してくる可能性あるよね。
泥棒とか強盗とか。
女性だけじゃなくてみんな気をつけないといけないね。

ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会<わいせつ被害>大半がマンション2階以上 無施錠多く |
2012-06-29  Top▲
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。