家は買うべきか否か論争 「完済に辿りつけるか難しい時代」・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースジャポン全記事ランキング


TOPスポンサー広告スポンサーサイト |
--------  Top▲

家は買うべきか否か論争 「完済に辿りつけるか難しい時代」


住む家は買うか賃貸か――これは永遠の議論だが、住宅問題に詳しい神戸大学大学院教授の平山洋介氏は、そもそもマイホーム購入の合理性が減ったと指摘する。

「戦後、政府は住宅建設で経済成長を推進し、住宅金融公庫(現在の住宅金融支援機構)が供給した住宅ローンが誘い水となって中間層の持ち家取得が増えました。住宅・土地価格の上昇率は賃金・物価のそれを上回り、住宅所有は資産形成の有効な手段でした。供給サイドにとっても、賃貸は資本回収に時間がかかるのに対し、売り家の場合はすぐに回収可能で合理的だったのです」

 しかし、バブル崩壊でデフレ経済に突入した。

「デフレのもとで住宅ローンを背負うと、実質的な債務負担が重くなっていきます。給料は上がらず、雇用は不安定で、持ち家の資産価値は下がる。政府は適切な賃貸住宅を増やし、無理をして家を買う人を減らすようにする必要があるでしょう」

 消費者ローンに詳しい弁護士の瀧康暢氏も持ち家信仰に注意を促す。

「『家賃もローンも毎月の支払額は同じ』『賃貸はいつまでたっても持ち家にならない』というセールストークをよく聞きますが、完済までたどりつけるかどうかが難しい時代です。住宅ローンは向こう数十年間の家賃を前借りしていることになるので、そうしたリスクを覚悟のうえで家は買わなければなりません」

 変動か、固定か、はたまた賃貸か――選ぶのはあなた自身だ。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120218-00000004-pseven-bus_all


確かに難しい問題ですよね。
個人的には、現状では持ち家のリスクは大きいと思っています。

理由は上の記事のとおりなんですが、それ以外に持ち家の場合は近隣の環境が時間の経過と共に変わる可能性があるからなんですよね・・・
自分も昔、家を購入したことがあるんですが、購入後しばらくして隣に越してきた人とどうしても合わなくてトラブルになり、結局家を売却したことがあります。

ローンの返済額以上に資産価値が減少していて、結局かなりの損失が出ました。
それ以来、賃貸で生活しています。

ただ持ち家だと、働き手が亡くなったとしても生命保険でローンが支払われるので、
住む家に困るという事態にはならないですよね。
老後の少ない収入を家賃に回さなくていいという利点もあるし。

結局はライフステージに合わせて選択するっていうことになるのかなぁ?
やっぱり難しい問題だ・・・

ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会家は買うべきか否か論争 「完済に辿りつけるか難しい時代」 |
2012-02-18  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。