国産“全部入りスマホ”が快進撃・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースジャポン全記事ランキング


TOPスポンサー広告スポンサーサイト |
--------  Top▲

国産“全部入りスマホ”が快進撃


携帯販売ランキング(12月12日~12月18日):

 携帯販売ランキングのキャリア総合では、国産スマートフォンの快進撃が続いている。前々回のランキングではシャープのNTTドコモ端末「AQUOS PHONE SH-01D」が首位を獲得したが、今回は富士通東芝モバイルコミュニケーションズのau端末「ARROWS Z ISW11F」が初登場で見事に首位を獲得した。

 ARROWS Zはau冬春モデルの中でもハイスペックを売りにするモデルだ。デュアルコアCPUによる処理能力の向上に加え、薄型、防水、おサイフケータイやワンセグ、さらには3GとWiMAXの両対応と、充実した機能を備える。また、3位に入っているAQUOS PHONE SH-01Dもまた、基本性能の高さやおサイフケータイなどの日本向け機能をしっかり押さえたモデルだ。こうした端末が続けざまに上位を獲得したのは、やはり“全部入りスマートフォン”への高いニーズがあったからだろう。

 さらに今回はほかにも新モデルが続々とトップ10に入ってきている。ドコモの高速通信サービス「Xi」に対応した「ARROWS X LTE F-05D」は初登場で4位にランクイン。また、同じくXi対応のスマートフォン「Optimus LTE L-01D」は初登場6位という結果になった。

 こうしたAndroid端末新モデルの投入を受け、「iPhone 4S」の順位もだいぶバラけてきた。最高位は2位のソフトバンクモバイル版16Gバイトモデルで、次が5位の同32Gバイトモデルとなった。このほかのモデルはトップ10圏外となり、au版に関しては全モデルがトップ10から姿を消した。

 ドコモのランキングは、「AQUOS PHONE SH-01D」が3週連続で首位を獲得した。さらにXi対応の2モデル「ARROWS X LTE F-05D」「Optimus LTE L-01D」が初登場で2位、3位にランクイン。続く4位の「GALAXY S II LTE SC-03D」もXi対応モデルで、上位5モデル中3モデルがXi端末という結果になった。

 前回初登場で7位にランクインした物理キー搭載スマートフォン「AQUOS PHONE slider SH-02D」はトップ10圏外に姿を消したほか、大容量バッテリー搭載の「MEDIAS PP N-01D」、Android 4.0搭載の「GALAXY NEXUS SC-04D」もトップ10圏外となっている。

 auのランキングでは、ハイスペックな新モデル「ARROWS Z ISW11F」が初登場で首位を獲得した。在庫が予約分でなくなり、発売日に店頭販売ができなかった店舗もあったようだが、次回のランキングでは何位に入るだろうか。

 ソフトバンクモバイルのランキングは、冬春モデルの上位機種「AQUOS PHONE 102SH」が初登場で5位を獲得した。ULTRA SPEEDに対応し、防水、大画面、デュアルコアCPU、おサイフケータイやワンセグの搭載と、“全部入り”的な特徴を持つスマートフォンだ。次回の順位にも注目したい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111224-00000003-zdn_m-mobi


この手の記事を読むたびに最近思うのは、
日本のガラケーは本当は凄かったんじゃないか?ってこと。

確かにアップルのiPhoneは凄かった。
あっという間に世界標準のような機種となった。
アップルの発信力と言うかブランド力は凄いなぁと改めて感じた。

もし日本の携帯が「世界標準」のようになれていたら、
今の状況はだいぶ違っていたんだろうなぁ。

って過去のことは仕方ない。
だけど最近の日本の携帯メーカーは少し情けないぞ。

韓国メーカーは世界各地で携帯を販売しながら、
日本市場にも日本の事情に合わせた端末を出してきてるんでしょ?
日本のメーカーも韓国メーカーに負けないように頑張って欲しいもんです。

AQUOS PHONE SH-01D完全ガイド

ニュースジャポン全記事ランキング


TOPネット関連国産“全部入りスマホ”が快進撃 |
2011-12-25  Top▲
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。