「国推奨 母乳育児で脳障害」 宮崎の女児両親が提訴へ・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースジャポン全記事ランキング


TOPスポンサー広告スポンサーサイト |
--------  Top▲

「国推奨 母乳育児で脳障害」 宮崎の女児両親が提訴へ


生まれたばかりの女児が重度の脳障害を負ったのは、病院が赤ちゃんに母乳のみを与える完全母乳栄養法を試み、経過観察を怠ったのが原因だとして、両親が26日、病院側と母乳栄養法を推奨する国を相手取り、計約2億3千円の損害賠償を求める訴えを宮崎地裁に起こす。原告側は「国の非常識な方針が赤ちゃんを危険にさらしている。ただちに改めるべきだ」と主張している。

 提訴するのは、宮崎県南部の民間病院で生まれた女児(2)の父親(44)と母親(35)。女児は平成21年8月20日午後3時ごろ、帝王切開で生まれ健康状態は良好だった。しかし、約12時間後に心肺停止になり、一命は取り留めたが、自発呼吸もできず寝たきりになっている。

 訴状などによると、同病院は新生児に人工乳などを与えない完全母乳栄養法を採用。母親は出産約1時間後から女児と2人で病室のベッドに寝かされ、21日未明、女児の体が冷たくなっているのに気づき、看護師を呼んだ。途中、看護師からは「赤ちゃんの手足を温めてあげてください」と指導されただけだった。授乳などの指示はなかったという。

 女児は蘇生措置を受けた後、新生児集中治療室のある他の医療機関に搬送され、低血糖症(極度の栄養不足)と診断された。

 病院は、女児の心肺停止について原因が特定できないとして「乳幼児突然死症候群の疑いがある」と説明。原告側は、母親の母乳が出ていなかったにもかかわらず、女児が心肺停止になるまでに与えられたのは砂糖水10ccだけだった-と主張。完全母乳栄養法に基づく新生児管理が極度の栄養不足や体温の低下を招き、脳障害を引き起こしたとしている。

 原告代理人の日野佳弘弁護士によると、厚生労働省は医療機関への支援ガイド(平成19年作成)で、「良好な母子関係が築ける」などの利点を挙げ、完全母乳栄養法を推奨しているが、危険性について十分な説明がないという。

 厚労省母子保健課は「支援ガイドでは“状況に応じて”と断って母乳栄養法を薦めている。そもそもガイドは(授乳方法の)紹介であり、指示ではない」と説明。同病院は「結果については申しわけないが、重大な過失があったとは考えていない」としている。

 厚生労働省が推奨する「完全母乳栄養法」は何が利点で、どこに危険が潜んでいるのだろうか。

 厚労省が平成19年に作成した「授乳・離乳の支援ガイド」は、母親に母乳育児を意識させるよう病院に促しており、分娩から退院までの間は「赤ちゃんが欲しがるときにあげて自律授乳を習得する」などを目標として紹介している。

 母乳育児の利点は人工乳による育児に比べ、子供の後の肥満や糖尿病の発症リスクが低く、良好な母子関係が形成されるとする。専門家の多くもこうした利点は認めている。

 しかし、個人差はあるものの、母親の母乳は出産24時間以内は出ないか、出てもにじむ程度のケースがほとんど。

 完全母乳栄養法を薦める助産師らの間では「赤ちゃんは母親の胎内から“3日分のお弁当と水筒を持って生まれてくる”から大丈夫」と考えられている。

 が、母乳の量や新生児の体温などを十分に確認しないまま、母子を病室に長時間置いた結果、新生児が低血糖、低体温の状態に陥り、脳障害を負うケースは全国で相次いでいる。

 新生児の栄養・体温管理に詳しい久保田産婦人科麻酔科医院(福岡市)の久保田史郎院長は「生まれたばかりの赤ちゃんにとって38度前後の胎内から空調の効いた病室は寒すぎるし、へその緒も切られ栄養が遮断されている」と指摘。

 「3日分のお弁当説」については「科学的根拠に乏しい。母乳が出始めるまでの栄養管理をしないと赤ちゃんは飢餓状態になる。完全母乳栄養法についてリスクの説明がない支援ガイドを策定した厚労省は無責任だ」と批判している。

 山形大学医学部の早坂清教授(小児科学)も「完全母乳栄養法の利点のみが強調され、危険性を正しく両親に伝えていない医師がほとんどだ」と指摘。「利点と欠点を説明し、承諾を得たうえで、注意深く観察しながら行う必要がある」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111026-00000550-san-soci


見出しを見たときには正直「またモンスターペアレントか」と思った。
でも記事を読んで納得した。

確かに母乳の利点はあるでしょう。
だからと言って、母乳以外はだめというのは状況的に危ない時もあるよね。
大事なことは、その時の状況に応じた対応じゃないかなと思います。

ニュースジャポン全記事ランキング


TOP健康と医学「国推奨 母乳育児で脳障害」 宮崎の女児両親が提訴へ |
2011-10-26  Top▲
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。