<冬の節電>12月19日から約3カ月、夏より1時間長く 関電、広域連合調整・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

<冬の節電>12月19日から約3カ月、夏より1時間長く 関電、広域連合調整


関西電力は22日までに、今冬の節電要請期間を12月19日から来年3月23日までの約3カ月間として関西広域連合と調整する方針を固めた。節電幅は冬期の最大電力を記録した昨冬比10%程度、夏よりも1時間長い平日の午前9時~午後9時を想定している。

 稼働中の原子力発電所4基のうち3基が12月下旬に定期検査入りするため、週初めの12月19日から節電が必要と判断した。冬場の需要ピークは寒さが厳しい2月末まで。しかし、来年2月末に残り1基の原発も定期検査入りし、3月には冬場の電力確保のため延期する火力発電所の定期検査を予定しているため、節電期間を3月23日までとした。

 関電の最新需給見通しでは、余裕3%を加味した供給不足は2月第4、5週の11・1%、3月第1、2週の11・4%で最大となり、最低でも10%程度の節電要請が必要と判断した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111022-00000005-maiall-soci


私が住んでいる地域でも、この冬は電力事情が厳しくなると予想されています。

我が家の暖房自体は昔からずっと灯油ストーブ+こたつでした。
ここ最近は灯油代も高くて、もしかしたらエアコンの電気代とそんなに変わらないかもなぁ
などと昨年あたりは思っておりました。
買いに行く手間もめんどくさいしね。

ただこういう状態になってくると今年の冬も灯油ストーブ+こたつになりそうです。
節電に協力もしないといけないしね

けどパソコンの電気代を節約しろというのはなしの方向でお願いします
ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会<冬の節電>12月19日から約3カ月、夏より1時間長く 関電、広域連合調整 |
2011-10-23  Top▲
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...