子宮頸がんワクチン無料に…補正予算で計上へ・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

子宮頸がんワクチン無料に…補正予算で計上へ


政府は8日、若い女性が発症する子宮頸(けい)がんや乳幼児の細菌性髄膜炎などを予防できる3種類のワクチンについて、希望者が原則無料で接種できるよう公費補助を行う方針を固めた。

 年内にも無料接種を開始する考えで、2010年度補正予算案に関連経費を盛り込む。費用は約2000億円と見込まれ、国と地方で折半する方向で調整する。

 無料とするのは、子宮頸がん、インフルエンザ菌b型(Hib=ヒブ)、小児用肺炎球菌の各ワクチン。

 子宮頸がんは20~30歳代に患者が多く、推定で年間約2500人が死亡している。11~14歳でワクチンを接種すれば感染を7割減らせるとされるが、費用が5万円程度と高い。助成を求める要望が強く、地方自治体によっては独自に助成制度を設けているところもある。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101008-00001671-yom-pol


子宮頸がんワクチンって1回打てば効果が永久に続いて、絶対に子宮頸がんにならないのかと思っていたんですが、こちらのサイトによればそういうわけでもないみたいですね

http://allwomen.jp/prevention/inoculation.html

ワクチンの効果は最長で6.4年で、すべての子宮頸がんに効果があるわけではないみたいですね。

あっ、自分は子宮頸がんワクチンの公費助成には賛成です。
ただ自分みたいな認識で、「ワクチン打ったからOK」みたいに思うのが怖いなぁと思っただけです

それにしても、日本の社会保険って予防的な医療行為が保険の対象外になっていることが多いような気がするのは自分だけかなぁ?
ニュースジャポン全記事ランキング


TOP健康と医学子宮頸がんワクチン無料に…補正予算で計上へ |
2010-10-09  Top▲
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...