たばこ:値上げ 安い「旧3級品」が愛煙家の強い味方になるか?・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

たばこ:値上げ 安い「旧3級品」が愛煙家の強い味方になるか?


たばこ:値上げ 「旧3級品」愛煙家の強い味方? 安価が魅力6銘柄 /鳥取

◇200~250円、在庫増やした店も
 1日のたばこ増税で「旧3級品」の安いたばこにブームの火がつきそうだ。主要銘柄は140~110円の値上げとなるが、旧3級品の6銘柄は一律60円の値上げ。新価格は200~250円で、マイルドセブン(410円)やセブンスター(440円)などより格段に安い。買いだめ分を吸いきった愛煙家の強い味方になるかもしれない。【遠藤浩二】

 旧3級品は、エコー(新価格240円)▽わかば(250円)▽しんせい(240円)▽ゴールデンバット(200円)▽バイオレット(沖縄限定240円)▽ウルマ(同250円)。

 財務省たばこ塩事業室などによると、葉の品質によって1~3級品に分類していた製造たばこ定価法が、85年のたばこ事業法施行で廃止された。3級品に長く親しんできたお年寄りが多いことに配慮して、国は「旧3級品」として区別し、税率を抑えたという。

 一般のたばこは、1本につき値上げ前は約8・74円▽値上げ後は約12・24円の税金がかかっている。旧3級品はそれぞれ4・15円と約5・81円に過ぎない。

 鳥取市内のたばこ店の店主(86)は「値上げされても安いので売れると思い、エコーの在庫を2倍に増やした」と商機を狙う。別の店主(82)は「8、9月ごろから値上げを見越し、エコーやわかばに変えたお客さんもいる。この安さは魅力」と話す。

 全国たばこ販売協同組合連合会(東京)の担当者は「消費者の好みもあるので、安いたばこにシフトするかはわからないが、その可能性はある。推移を見守りたい」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101001-00000192-mailo-l31



実は自分も去年までヘビースモーカーでした^^;

ゴールデンバットは昔、好奇心で吸ったことありますが、
かなりまずかったのを覚えています。

自分も喫煙厨だったので、たばこを吸う人の気持ちはよくわかるのですが、
正直ここまでしてたばこを吸わなくてもいいかと・・・

1日2箱吸っていて意志の弱い自分でも、
禁煙外来で比較的に楽に禁煙できました。
費用も15,000円くらいでしたよ。
ご参考までに。
ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会たばこ:値上げ 安い「旧3級品」が愛煙家の強い味方になるか? |
2010-10-02  Top▲
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...