任天堂の“神対応”は本当か・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

任天堂の“神対応”は本当か


我が家にもDSとwiiがあります。

今まで任天堂さんのサポートには、DSの右側ヒンジの修理で2回とwiiのwifi接続で1回お世話になりました。

任天堂さんのサポートは本当にいいです。

DSの修理は、1回目は無償で新品交換、2回目は3,000円か3,500円で新品交換。

wiiのwifi接続の時も、どちらかというと無線LANの機器の方の問題でしたが、親身になって対応してくれました。
それに引き替え無線LANの販売元のiodataの対応はひどかったですね。

「任天堂に聞いてください」

で終わりでしたもん。

それなら「wii対応!」って宣伝するな!って正直思いましたw

人間困っている時に親身に対応してもらえると、その商品やメーカーのファンに確実になりますよね。

メーカーにしたら、サポートって手間とお金がかかる部門かもしれないけど、そういうところを大事にする会社は、お客さんのことを大事に考えている会社だと思います。

DS故障は無償交換!?任天堂の“神対応”は本当か
http://netallica.yahoo.co.jp/news/78992
100年に1度という不況の時代に2790億円の最高益をたたき出した任天堂。その好業績の背景として、同社製品の人気もさることながら、修理対応が「神様のようだ」と話題になっている。携帯型「ニンテンドーDS」が故障すると「保証期間を過ぎていても無料で新品交換してくれる」といううわさがゲームファンの間で流れているのだ。“神対応”は本当なのか-。

 「私もうわさは知っている。無料交換の話だけではない。子供のDSが壊れて修理に出した際、新品のDSが返ってきた。壊れたDSにはポケモンのシールが貼ってあったが、新品DSにも同じ位置にシールが貼ってあったという話もある」

 そう語るのは、ゲーム評論家の府元晶氏。

 「真偽は不明ですが、かつてゲームボーイの試作機を当時の山内社長が床にたたきつけて壊れなかったので、発売にGOサインを出したという伝説もあるほど。任天堂にはそういう安心感がある」という。

 ネット上の掲示板やブログには「保証期間を過ぎても1週間で新品が送られてきた」といった内容の書き込みが多数ある。中には「古くなって買い替えるよりも、修理に出す方が安上がり」と善意を逆手に取るような書き込みもあるほどだ。

 任天堂は、保証期間を過ぎた修理は他のメーカーと同様、有償で修理すると告知している。同社ホームページ(HP)には修理の参考価格も掲示されている。ただ、HPから修理を依頼した場合、サービスセンター(SC)への送付に使う専用の箱や伝票を無料で送ってくれるのはプチ“神対応”といえる(SCまでの送料は自己負担)。

 実は記者が4年前に購入したDSもつい最近、電源がまったく入らなくなる症状に見舞われた。これは“神対応”を確かめる好機と、症状を書いてSCへ発送。そのわずか5日後、SCから宅配便が届いた。中に入っていた修理明細票の通信欄には「本体を交換し、シリアルナンバーも変更させていただきました」との記載。うわさ通り、新品に交換されていた。ただ、発送時に同梱しなかったタッチペンは付属していなかったので、あくまで原状回復にとどまるようだ。

【広報室「基本的に有償」】

 任天堂広報室はこの“神対応”について「いろいろな事情を聴いて無料になることはあるにはあるが、非常にまれなケースのようです。基本的には有償で修理している」と語る。また、前述の山内氏の“逸話”については「子供さんが触られるので、厳しい耐久テストがあるのは事実だが、いつの間にか、そのような話ができあがったようです」と語る。

 それでも“神”といわれるほどの評判は、うわさだけではなさそうだ。


【関連エントリー】
- 続々とDSに鞍替え? ニュースジャポン
- 主婦が選ぶ一番助かった商品ランキング ニュースジャポン
generated by 関連エントリーリストジェネレータ

ニュースジャポン全記事ランキング


TOPゲーム任天堂の“神対応”は本当か |
2009-05-24  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...