抗うつ薬服用で攻撃性増す副作用・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

抗うつ薬服用で攻撃性増す副作用


こちらの共同通信のニュースでは、パキシル以外の製品名も書いてありました。

「攻撃性」注意喚起を指示 抗うつ薬パキシルなど
※記事が消されても見られるように「ウェブ魚拓」を利用しています。

それによると対象製品は、パキシル、ルボックス、デプロメール、ジェイゾロフト、トレドミンとのこと。


私もうつ病を患っていた時にはパキシル飲んでました。
私自身は、そんなに副作用は出ていなかったと思うけど、あくまで主観的感想w

Wikipediaのパキシルの所には、いろいろと副作用のことも書かれているもんね。

服用されている方で、あれ?調子おかしいかもという方は、早めに主治医と相談するするようにしてくださいね。

「抗うつ薬で暴力」否定できず=使用上注意を改訂-厚労省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090508-00000261-jij-soci
抗うつ薬「パキシル」など4種類の選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)について、厚生労働省は8日、服用と暴力行為との因果関係を否定できないなどとする調査結果を公表した。薬の添付文書を改訂し、注意喚起する。
 同省には1999年の販売開始から今年3月末までの間、「攻撃性」や「敵意」の副作用報告が268件寄せられた。この中で他人への暴力に至った35件のうち、パキシルを服用した20代の男性が他人の首を刺して逮捕されたなどの計4件について、薬との因果関係が否定できないと結論付けた。ほかの例については従来持っていた障害が原因の可能性もあるなど、因果関係は不明だとした。
 使用上の注意には「自殺企図、他害行為が報告されている」などの記載を加える。 


【関連エントリー】
- 激務でうつ病、解雇は無効 ニュースジャポン
- ZARD急死の真相、飛び交う憶測 ニュースジャポン
- うつ病急増 対応遅れで長期化 ニュースジャポン
- 【教育】「ひどい...あたし」夢見た教壇に立って2カ月、彼女は自ら命を ...
generated by 関連エントリーリストジェネレータ

ニュースジャポン全記事ランキング


TOP健康と医学抗うつ薬服用で攻撃性増す副作用 |
2009-05-09  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...