トヨタ 低価格ハイブリ開発へ・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

トヨタ 低価格ハイブリ開発へ


消費者としては、メーカーが競い合って性能のいいハイブリッド車を安く出してくれるのはありがたい。

でも何だかトヨタのやり方が気に入らない。

安くできるなら、もっと前からプリウスを安く販売しとけよ。

トヨタが殿様商売でハイブリッド車を高く売ってた時に安いハイブリッド車を出そうと頑張ったホンダの姿勢は共感できる。

別にホンダ厨と言うわけではないけれど、心情的にはホンダに頑張って欲しい。

頑張れホンダ!

以下、(トヨタ、200万円切る低価格ハイブリッド車を開発へ ホンダとの価格競争が本格化(MONEYzine) より引用)

トヨタ、200万円切る低価格ハイブリッド車を開発へ ホンダとの価格競争が本格化(MONEYzine)

 トヨタ自動車がハイブリッド車の価格戦略に本格的に動き出した。
 13日、同社が200万円を切る新型ハイブリッド車を開発し、2011年にも日本で発売すると、日本経済新聞が朝刊で報道したことで、株式市場でもトヨタ株が活況。午前10時すぎの時点で、前日比110円高の2930円を付けている。

 トヨタは12日に09年5月に発売予定のハイブリッド車「プリウス」の新モデルの最低価格を、205万円程度とする方針を固めたと報じられたばかり。トヨタがプリウスの値下げに踏み切る背景には、ライバルとされるホンダ「インサイト」の販売が好調に推移していることがあるが、さらに別の低価格のハイブリッド車を開発することで価格競争に勢いをつける。

 新型のハイブリッド車は、他車種との部品共通化などでコスト削減を進め、現行プリウス(最低価格233万1000円)や新型プリウス(同205万円)、またホンダが2月に発売したインサイト(同189万円)よりも低価格の実現を目指すという。

 世界的に自動車の新車販売が低迷する中で、環境対応車の人気や関心の高さは業界でも数少ない明るい材料となっている。2月にインサイトを発売したホンダは燃費や環境性能に優れた車を比較的求めやすい値段で提供していく戦略を明言しており、トヨタとしては、プリウスで築いてきた環境に強いイメージを今後も維持していくために、価格競争でもホンダに遅れをとることは許されない。

 またトヨタとホンダの価格競争によって、ハイブリッド車の価格帯が一般のガソリン車並みに近づいてきたことで、日産自動車など他社も低価格のハイブリッド車や電気自動車の開発ピッチを急ぐ必要が出てきた。

【関連記事】
新型プリウス、価格でもインサイトに対抗 最低価格は205万円程度に
なぜインサイトは安いのか 低価格実現の秘密に迫る
王者プリウスの不気味 5月の全面改良で弾丸スタートなるか
トヨタ、異例ともいえる「プリウス新旧モデル併売戦略」

引用はここまでです。

新品ハイブリッド車高調 ボルドワールドモードパルファム【未使用】

新品ハイブリッド車高調 ボルドワールドモードパルファム【未使用】

足回りパーツ:車高調、エアサス新品ハイブリッド車高調 ボルドワールドモードパルファム【未使用】16アリスト用 2CUPです イザという時にフロントの車高を少し上げることができる、ハイブリッド車高調です平成20年9月末に買ったばかりのモノです.本商品の定価ですが、メーカーのサイトで確認したところ ¥483,000のようです。状態:未使用適合車種:アリストJZS161・・・中古パーツのハセガワの商品はコチラ

¥378000

世界初! BYDプラグインハイブリッド車F3DMを発売へ 中国車 BYD Plug-in Hybrid
世界初! BYDプラグインハイブリッド車F3DMを発売へ 中国車 BYD Plug-in Hybrid


ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会トヨタ 低価格ハイブリ開発へ |
2009-03-13  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...