「マル獄」グッズが大人気・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

「マル獄」グッズが大人気


少し前には、他社から仕入れた製品を「刑務所製品」と偽装したこともあったけど、最近はどうなのかな?

所長ら24人処分 刑務所製品と偽装

一度こういう事が発覚したから、今は比較的まじめに作ってるのかもしれませんね。

<刑務所製品>「マル獄」グッズ人気 安くて品質よし
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090129-00000078-mai-soci
財布のひもをがっちり締めがちな最近の消費者に人気が出ている商品がある。刑務所で作られた作業製品だ。安価でしかも品質がよいと、ネット販売で数分で売り切れてしまう人気ブランドも出現した。【木村葉子】

 一番人気は、函館少年刑務所の「マル獄」グッズだ。昨年末に、刑務所作業製品として初めて商標登録された。紺色の綿の帆布に、白地で「獄」の字を丸で囲ったデザインが受け、ネット販売では前掛け(1029円)100枚が2、3分で売り切れるほどの人気商品に。前掛けには「マル獄」マークのほか、「PRISON」(刑務所)「本日開監」「創業明治弐年」(同刑務所の設立年)などの文字も入る。

 デザインは06年に同刑務所の法務技官、川村成昭さんが考案。「五三の桐」と呼ばれる法務省の紋章を入れようとしたが、本省の許可が下りずに断念、苦肉の策で「マル獄」マークにしたという。

 前掛け以外に、和風柄のリバーシブル手提げ袋(1980円)など13種類のグッズを製作。前掛けは2年間で計1万枚を売り、グッズは総額で2400万円を売り上げた。

 同刑務所の縫製工場では、約100人が官庁や企業の注文を受けて作業服などを作っている。「マル獄」グッズは閑散期対策として考案されたが、予想外の売れ行きで品切れ状態に。「製品が高く評価され、受刑者のモチベーションが上がった」と川村さんは話す。

 市原刑務所(千葉県)では、72年から無添加の天然醸造みそ(1.5キロ、360円)を作っている。国産大豆を使い、年間110トンを製造。しょうゆ(1リットル240円)とともに、各地で開かれる即売会では整理券を配布するほどの人気商品だ。

 横浜刑務所では、15年ほど前から細うどんを製造している。オーストラリア産の小麦粉とを赤穂の塩で作った食塩水でこねたこだわりの品。250グラム130円と手ごろな値段も人気を呼んでいる。

 靴を作っているのは、千葉刑務所。最高級の牛革を使い、手縫いのため型くずれしにくく、出来栄えは職人がうなるほどという。1万3500円と市販品の半値以下だ。

 注文生産で応接セットを作っている甲府刑務所。牛革のソファーが2万円からと、市価の半額ほどのものも。

 矯正協会刑務作業協力事業部の中島昭二部長によると、これらの製品が安価なのは営利目的ではないため。規則正しい労働や製品を根気強く作り上げることで、受刑者に達成感ややりがいを持ってもらうのが狙いだ。

 ただ、まじめに作業をする受刑者ほど出所も早く、良質な製品が作れるようになったかと思うと新人に入れ替わってしまうという“悩み”も。品質保持のため、熟練者と新人をペアにして作業を進めるなど、各刑務所で工夫している。中島部長は「刑務所で作ったものは嫌だと思う人も、品質を見てもらえば納得してもらえるはず」と話す。

 製品は各地で開かれる矯正展で購入できる。刑務所作業製品のホームページはhttp://www.e-capic.com


ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会「マル獄」グッズが大人気 |
2009-01-29  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...