タクシー接待?・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

タクシー接待?


タクシー業者が接待するということは霞ケ関のお役人たちは、タクシーを長距離利用しているということだよね。

一介の公務員がなぜそんなお金を支出できるのか?

個人の懐から出ているとは到底思えない。

たぶんそのタクシー代の元は「税金」だろうね。

タクシー業者から接待を受けていたことを問題にするのではなくて、そのタクシー代の原資をもっと調べて欲しいですね。

タクシー“接待” 業界の「監督役」国交省も36人
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080606-00000094-san-soci&kz=soci
タクシー車内でビールやおつまみなど提供を受けたことがある国の職員は13省庁の217人にのぼり、回数は約3200回におよぶことが5日、長妻昭衆院議員(民主)がまとめた資料で分かった。財務省のほかに総務、環境両省の職員も金券を受け取っていたことが判明。問題の根深さが浮き彫りになった。また、タクシー業界を監督する国土交通省でも36人が約250回の“接待”を受けており、批判を呼びそうだ。

 調査は、長妻氏が各省庁に実態を明らかにするよう求め、報告をまとめた。それによると、“接待”を受けた回数が最も多いのは財務省で、金融庁=16人266回、国交省=36人249回が続いた。このほか、農林水産省=13人139回▽内閣府=9人53回程度▽環境省=11人38回程度▽人事院=2人26回▽内閣官房=5人23回▽総務省=1人約20回▽防衛省=5人15回程度▽文部科学省=10人13回程度など。

 金券類は、総務省の職員が500円分、環境省の職員が約1万5000円分を受け取っていた。

 一方、宮内庁▽警察庁▽法務省▽外務省▽会計検査院-などは「ゼロ」と回答した。

 調査結果は、各省庁で調査期間が異なるうえ、まだ中間報告の段階。厚生労働省が「調査中」と回答しているほか、国交省は「地方整備局分は調査中」とするなど、今後、人数や回数が増加する可能性が高い。

 長妻氏は「国交省をはじめ、すべての情報を公開すべきだ」とし、政府に全省庁分のとりまとめを求めている。


【関連エントリー】
- 当事者意識薄い夕張市幹部 ニュースジャポン
- 再ねんきん特別便 1億7千万円 ニュースジャポン
- 社保庁職員の働きぶり ニュースジャポン
- 新任女性教員の自殺 遺族が公務災害申請へ ニュースジャポン
- 大阪府、2600億円「赤字隠し」 実質的には財政再建団体? ニュースジャポン
- あなたの年金は大丈夫? ニュースジャポン
- 少年に銃口向けた巡査長処分 ニュースジャポン
- 年金保険料横領、1億1000万円を超す ニュースジャポン
generated by 関連エントリーリストジェネレータ


ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会タクシー接待? |
2008-06-06  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...