警察を便利屋として扱う人々・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

警察を便利屋として扱う人々


ゴキブリ駆除に恋愛相談・・・
こんな事に警察を使っている人がいることに驚いた。
ここまでモラルは低下していたのか・・・

しかもyahooニュースの「このニュースに関するブログ」を見てみると、「警察甘えるな」とか「警察の言い訳」とか警察を批判するブログが多い。

おかしいんじゃないのか?

警察の最も大切な役目は、「地域住民の安全を守る」ことであって、地域住民の便利屋ではないんです。

こんなわがままに応えるために警察の職員数を増やさなければならなくなるなら、それこそ税金の無駄遣い。
そんなこともわからないのかなぁ?

なんだか恥ずかしいです・・・

若い男から110番、出てみれば「ゴキブリが気持ち悪い」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080505-00000039-yom-soci
害虫駆除の依頼、恋愛相談……。警察に舞い込む様々な電話に、首をかしげたくなるような内容が目立つようになった。

 地域住民と向き合う警察にとって、モラルに欠ける要求でも無視するのは困難。非常識な通報に追われることで、警察力の低下を招くのではないかと危惧(きぐ)する声も出ている。

 「ゴキブリが家の中に出てきて、気持ちが悪い」

 昨年夏、大阪府内の警察署に、若い男性から電話がかかってきた。対応した署員は「自分で駆除できるはず」と考え、この依頼を1度は断った。

 しばらくして再び同じ男性から「本当に困っている。来てくれ」。最寄りの交番にいた50歳代の男性警部補が男性宅を訪ねると、おびえた目つきでゴキブリを見つめる若いカップルが待っていた。警部補はゴキブリを駆除し、死骸(しがい)をビニール袋に入れて持ち帰った。

 この警察署の副署長は「市民が助けを求めてきた以上、むげに断ることはできないと判断したが、ゴキブリの処理は警察の本来の業務ではない」と語る。

 今年2月中旬、千葉県内の警察署に女性から「恋人に振られてしまった」と電話があった。女性は約20分間、相手の人柄や交際の経緯を話し続け、翌日から連日のように電話をしてくるようになった。夜の当直体制で人手が少ない時間帯にかかってくることも多かった。

 山口県警では、110番を使って電話番号を尋ねる人に、県庁など主な公共機関の番号は教える場合もあるが、個人宅や民間企業の番号は答えていない。「110番は緊急の事件・事故に備えています。不要・不急の電話はご遠慮下さい」と、電話番号案内「104番」の利用を促すと、「104番を使うとお金がかかるだろ」と不満をぶつけてくる人もいたという。

 全国の警察本部は1990年から110番とは別の電話番号「#9110」で「不急の相談はこちらへ」と呼びかけているが、#9110も業務と関係ない個人的な要求や苦情は想定していない。

 ある警察の広報担当者は「緊急性がなくても警察が役立てる内容であれば相談に乗りたいが、個人的な要求も増えており、対応に苦慮することも多い」とため息をついている。




良心をもたない人たち―25人に1人という恐怖
良心をもたない人たち―25人に1人という恐怖
マーサ スタウト Martha Stout 木村 博江

関連商品
平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学
診断名サイコパス―身近にひそむ異常人格者たち (ハヤカワ文庫NF)
あなたは変われる―言葉や態度に傷つけられた心を救う本
サイコパスという名の怖い人々―あなたの隣りにもいる仮面をかぶった異常人格者の素顔とは (KAWADE夢新書)
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
by G-Tools




ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会警察を便利屋として扱う人々 |
2008-05-06  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...