マンション15件で強度不足か?・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

マンション15件で強度不足か?


国土交通省は27日、耐震強度偽装問題を受け無作為に選んだ全国の10階建て前後のマンション389件の構造計算書を調査し、15件で不整合など強度不足の疑いが見つかったと発表した。いずれも偽装ではなく設計ミスの可能性が高いという。
 国交省は、関係自治体を通じて設計者らに事情を聴くなど精査し、強度不足が確認されれば改修を求める。所在地や物件名は公表していない。
 調査は、姉歯秀次被告(49)以外の建築士が構造計算した物件で偽装が見つかったため、最近5年間に建築確認したマンション約6000件から389件を選び2月に着手。221件の調査が終わり、構造図と構造計算書の不整合などのミスが15件見つかった。
 また同省は、国指定の民間確認検査機関が建築確認した103件の別の抽出調査で、東京都大田区の14階建て分譲マンションの強度不足を確認したと発表。未完成だったため8月に計画変更して建築確認をやり直し、現在も工事中という。
 103件の調査で国交省は、15件で強度不足の恐れがあると発表していたが、精査の結果、10件は耐震性に問題がなかったことが判明。大田区のマンション以外の残る4件は調査中としている。(IZA

389件中15件・・・
多くないですか?

意図的ではないにしてもこの数字。
いったい検査機関や行政は何やってるんでしょうか?

はぁ~、何を信じてマンションを選んだらいいんでしょうね。
ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会マンション15件で強度不足か? |
2006-12-28  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...