日本電産社長発言 連合が批判・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

日本電産社長発言 連合が批判


日本電産のHPの「永守's Room」に顔写真と共に、次のように書かれています。

どんな社員も「一流」にしてしまう「奇跡の人材育成法」

( ´,_ゝ`)プッ ...
どうせありえないほどこき使うってことだろ?

企業の社長はこういう考え方を持ちがちとはいえ、ここまで極端なのは珍しいですね。
メリハリもなく長時間労働を続ければ、モチベーションが下がりひいては生産性も下がるということが分からないのかなぁ?

社員は「モーター」じゃないんだし。

日本電産の社員の皆さん、過労死しないようにしてくださいね。

「休みたいなら辞めろ」発言は言語道断! 連合会長、日本電産社長を批判
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080426-00000003-jct-soci
連合(日本労働組合総連合会)の高木剛会長は2008年4月26日、東京都内で開かれたメーデー中央大会で、「休みたいなら辞めればよい」と発言したとされる日本電産の永守重信社長を強く批判した。高木会長は「言語道断。労働基準法が雇用主に何を求めていると思っているのか」と、同社長の姿勢を非難。大会に出席していた舛添要一厚労相は「きちんと調査する」と応じた。

■舛添厚労相「きちんと調査し、指導すべきは指導する」

 永守社長は4月23日の記者会見で

  「社員全員が休日返上で働く企業だから成長できるし給料も上がる。たっぷり休んで、結果的に会社が傾いて人員整理するのでは意味がない」

と発言したと報道され、論議を呼んだ。この「経営最優先」の発言については、高木会長も労働団体のトップとして黙っていられなかったようだ。

 高木会長は、「仕事と生活の両立」を指す「ワーク・ライフ・バランス」の必要性を強調する中で、反面教師として日本電産社長の発言に言及。「休みたければ辞めればいい」発言については「この会社の時間外・休日労働の実態を調べてみたい」とした上で、「休日返上で働くから成長できる」との発言に対しては

  「まさに言語道断。労働基準法という法律があることを、また、労働基準法が雇用主に何を求めていると思っているのか、どのように認識されているのか。ぜひ問いただしてみないといけない、そんな怒りの思いを持って、この日本電産のニュースを聞いたところであります」

と憤りをあらわにした。

 これに対して舛添厚労相は、直後の来賓あいさつで

  「労働関係法令はきちんと遵守してもらわないといけない。きちんと調査し、指導すべきは指導し、法律にもとるものがあれば厳正に処分する」

と応じた。




働きすぎの時代 (岩波新書 新赤版 (963))
働きすぎの時代 (岩波新書 新赤版 (963))森岡 孝二

おすすめ平均
stars基本事項の確認なら
stars分析はするどいが対策は?
starsいっせいの、せ!...?
starsこれからの社会のあり方
stars長時間労働→過労死の現状を総合的に解説

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会日本電産社長発言 連合が批判 |
2008-04-27  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...