年金改ざんの疑い全国で160件・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

年金改ざんの疑い全国で160件


この記事に出てくる毎日新聞の報道は、こんな感じでした。

<厚生年金>社保事務所が不正指南…偽装脱退、元職員証言
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080113-00000071-mai-soci
厚生年金の加入期間が実際より短縮されたり支給の基準額が減らされたりする問題で、社会保険事務所の元職員が、毎日新聞の取材に、会社側にこうした不正の手続きを教えていたと証言した。社保事務所側にとっては保険料の徴収率アップ、会社側にも経費節減という双方のメリットが不正の背景にある実態を明かした。

 証言したのは、90年代の数年間、西日本の社保事務所で厚生年金を扱う部署にいた元職員。「最初は会社に支払い計画を出してもらうが、徴収のめどが立たない場合、脱退して国民年金に変わり、(業務が)軌道に乗ってからまた入るのはどうかと担当職員が話した」と述べ、偽装脱退の持ちかけを認めた。

 当時はバブル崩壊後で、業績不振から保険料を払えない企業が、事務所が担当していた中に数百社あったという。90年代までは厚生年金からの脱退は、届け出書類だけで認められていた。

 また、脱退届を出さずに企業が保険料を払おうとする場合でも、「(支給額を決めるための給与から割り出される標準報酬月額が)40万円の人を20万円にすれば、その分払うべき保険料も安くなるという話は会社にする」と話した。

 これら不正の背景については「厚生年金は本来徴収率100%として、事務所間の競争があった。企業と従業員が折半して負担する厚生年金の保険料の支払いで経営難を招くケースもあり、会社を倒産させないためのアドバイスだった」と語った。


総務省年金記録確認第三者委員会に申し立てられた分の中だけで160件って多くないですか?
気付いていない人とか泣き寝入りしている人も多いんじゃないでしょうか?

たぶん全国的に組織的に行われていたんでしょうね。
末端の公務員にこんなことをする度胸があるわけが無い。

こんな状態で「年金」は安心ですといわれても信じられないよね

<年金改ざん>160件で疑い…社保庁が実態調査へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080407-00000084-mai-soci
厚生年金保険料の基準となる給与水準(標準報酬月額)の改ざん問題で、舛添要一厚生労働相は7日の参院予算委員会で、総務省年金記録確認第三者委員会への申し立ての中に、改ざんされた疑いが認められるケースが全国で約160件あることを明らかにした。社会保険庁が実態調査に乗り出す。

 民主党は、5000万件の「宙に浮いた記録」問題に続く、「第二の年金問題」として、全国調査の徹底と関係者の参考人招致を要求した。

 水岡俊一議員(民主)が、東京都内の会社社長が「(保険料圧縮のため)麹町社保事務所職員が95年、さかのぼって引き下げる書類を作成した」と、改ざんを証言した3月16日付本紙記事を取り上げて質問。「担当職員だけか、事務所が組織的にやったか、社保庁が全国的にやったのか。これらは5000万件の宙に浮いた記録と別で、きちっと調査しないと年金制度は崩壊する」とただした。

 舛添厚労相は「職員にも事業主にもきちっと調査し、法律と証拠に基づき対処する」と述べたうえで、改ざんの疑いがある160件の申し立てについて、「総務省と協力し、解明する」と述べた。

 一方、鳩山邦夫法相は、職員の改ざんが事実なら、「一般的には(職員に文書作成の)権限があれば虚偽公文書作成罪。なければ公文書偽造罪が成立する」との見解を示した。

 水岡議員は当時の職員と長官、社長の参考人招致を求め、理事会で協議されることになった。


関連記事
再ねんきん特別便 1億7千万円
社会保険事務所元職員が不正行為を告白
厚生年金:給与記録改ざんが発覚 社保事務所の関与も
社保庁、延滞金を不正減額
「ねんきん特別便」、明日から発送
社保庁職員の働きぶり
年金保険料横領、1億1000万円を超す
【年金問題】政府迷走
<年金支給漏れ>各社保事務所へは心配する人が次々と
社保庁の年金記録、生年月日の誤り30万件にも
あなたの年金は大丈夫?
ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会年金改ざんの疑い全国で160件 |
2008-04-07  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...