カタログ値ではない実用燃費日本一のクルマは?――e燃費アワード2007-2008・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

カタログ値ではない実用燃費日本一のクルマは?――e燃費アワード2007-2008


こうガソリン代が上がってくると、車の燃費って気になりますよね。
まぁ4月からは少し下がるかもしれませんがw

そんな車の燃費ですが、カタログに書いてあるほどは走らないのが周知の事実。
じゃぁ実際にはどれくらいの燃費なのか?

そんなランキングが発表されていました。
http://www.rbbtoday.com/news/20080327/49848.html

カテゴリ別で上位5車が発表されています。

意外にプリウスの燃費が悪いなぁ・・・
次はプリウス買おうかと思ってたんですが・・・

車の購入をする際の参考にしてくださいね。

27日、IRIコマース&テクノロジーは、同社がサービスしている携帯電話を使ったマイカー情報管理サービス「e燃費」の燃費データベースの集計による、部門ごとの実用燃費ランキングを発表した。

 「e燃費」は、いわゆる満タン法(走行距離を満タン給油量で割る)で、ガソリンスタンドから携帯電話で数値を入力し、燃費管理を行う。自車の燃費管理だけでなく、整備情報やガソリンスタンドの料金なども調べられるCGM型サービスだ。登録会員は49万人以上(2007年12月末)で、登録されている車種・年式は6,700以上の1年間の燃費データから車種ごとの燃費ランキングを集計した。

 特筆したいのは、リアルなユーザーがさまざまな実用シーンでの実測燃費のデータによるランキングという点だ。カタログ値や自動車ライターらの運転による燃費実験や記事ではなく、まさにそのクルマの燃費の実力がわかるというわけだ。ただし、排気量や車重など物理的な違いがあるため、アワードの部門は12部門と細分化されている。部門別の1位の車種は以下のとおりだ。

・ラグジュアリー部門(排気量・ギア・実用燃費)
トヨタクラウン(3000cc・AT・9.3km/L)

・セダン・ワゴン部門
日産ティアナ(2300cc・AT・9.5km/L)

・小型セダン・ワゴン部門
トヨタプリウス(1500cc・CVT・19.9km/L)

・エコノミーカー部門
ホンダシビックハイブリッド(1300cc・CVT・18.3km/L)

・スモールカー部門
三菱コルト(1300cc・CVT・15.9km/L)

・軽自動車部門
スバルR2 R(660cc・CVT・17.2km/L)

・ミニバン部門
トヨタシエンタ(1500cc・CVT・12.6km/L)

・SUV部門
トヨタハリアーハイブリッド(3300cc・CVT・11.8km/L)

・新型車部門
マツダデミオ(1300cc・CVT・14.6km/L)

・輸入アッパー部門
フォルクスワーゲンゴルフトゥーラン(1400cc・SMT・10.8km/L)

・輸入エコノミーカー部門
フォルクスワーゲンゴルフGTI TSI(1400cc・SMT・10.9km/L)

・輸入スモールカー部門
フィアットパンダ(1200cc・SMT・14.4km/L)
※SMT=シーケンシャルMT(トルコンのないAT)

 各部門の5位までの詳細結果表も以下に示すので参照してほしい。詳細表をみると、興味深いのは、ハイブリットカーは軒並み2位以下と大差の勝利なのだが、カタログ値の達成度が低い。実用場面ではガソリンモードの比重がどうしても高くなるのだろうか。また、メーカーの設計ポリシーなのか10・15モードへの対応技術の問題なのか、日産車のカタログ値達成率が高い傾向にある(カタログ値との誤差が少ない)。


【関連エントリー】
- ガソリン価格150円を突破か? ニュースジャポン
- ガソリン値下げは温暖化助長-高村外相 ニュースジャポン
generated by 関連エントリーリストジェネレータ

ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会カタログ値ではない実用燃費日本一のクルマは?――e燃費アワード2007-2008 |
2008-03-29  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...