2歳児餓死の母、深夜にカラオケパブに入り浸りブランド品で身を固め夜遊び・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースジャポン全記事ランキング


TOPスポンサー広告スポンサーサイト |
--------  Top▲

2歳児餓死の母、深夜にカラオケパブに入り浸りブランド品で身を固め夜遊び


約10日間にわたり、2歳の次男に満足に食事などをさせなかったとして、埼玉県警吉川署は15日、保護責任者遺棄の疑いで、三郷市早稲田、無職、島村恵美容疑者(29)を逮捕した。次男は14日に死亡を確認。同署は司法解剖し死因を調べるとともに同致死容疑でも捜査する。

調べでは、島村容疑者は今月3~13日、次男の健太くんに十分に食事や入浴をさせず放置した疑い。島村容疑者は同市内の祖母(77)宅で、長男(6)、健太くんとその双子の長女(2)と5人暮らしをしていたが、3日ごろから約300メートル離れたマンションに引っ越し、子供を祖母宅に残したまま1人暮らしを始めた。内縁の夫(43)は単身赴任中という。

13日に長女が入院し、連絡を受けた父親(54)が14日午後、祖母宅に向かい、布団の中で冷たくなっている健太くんを発見、同署に通報した。

調べに対し、「食事の世話はしなかった。責任があるのは私だけじゃない」「私は育児ノイローゼだった」などと供述。他の子供にも十分な食事を与えていなかったとみられる。祖母は引っ越し後も子供がいることに気づかなかったという。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080315/crm0803151557011-n1.htm


一方、男児の泣き声を聞いた複数の住民が警察に通報していたことも判明。同署は通報を把握していたが、現場が特定できなかったとして、祖母宅への訪問や児童相談所への連絡などはしなかった。

周辺住民によると、今年1月ごろから、「ママはどこにいるの」「ママごめんなさい」などの男児の叫び声が夜中に頻繁に聞こえた。この住民が駅前の交番に通報すると、「調べている」との返答があったという。

蓬田正直副署長は「複数の通報があり、『子供の泣き声に心当たりがあるか』とチラシを配った。早めに見つけていれば、尊い子どもの命を救えた」とコメントしている。

健太ちゃんの遺体が見つかったのは、三郷市の産廃処理を請け負う名士の1000坪以上あるという豪邸の1室だった。署員が踏み込んだとき、12畳の洋室にはコンビニの開き袋が散乱していた。

祖母宅は複数の世帯が別々に住める構造で、部屋ごとにカギがついていた。島村容疑者は、子供に「誰が来ても開けてはいけない」ときつく言っていたという。

付近の住民によると、島村容疑者は深夜に長男を連れたまま、長時間カラオケパブに入り浸っていたという。双子を産んでからは、祖母宅に子供を置いたまま、ブランド品で身を固めて駅前で1人で夜遊びする姿が何度も目撃されている。

島村容疑者を小学生のころから知るという女性(50)は、「子供が好きではなさそうで、可愛がっているところを見たことがない。子供より自分優先の人だった」と話した。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080315/crm0803151557011-n2.htm


もうあほかと。
これを読んだだけで醜い家庭だということがわかる。

ブランド品で身を固めて、深夜までカラオケパブに入り浸って育児ノイローゼですか?
十分発散してるじゃないですか!

それと警察。
虐待の可能性が高いのに何で動かないのかなぁ?
もっと真剣にやってたらこの事件を防げたかもしれないのに・・・

って仮にこの事件を防げたとしても、この親じゃ結果は同じだったかもしれないけどね。
育てられないのなら産むなよ。
子供が余りにかわいそう過ぎる・・・

【関連エントリー】
- 妻の連れ子全身にろうそく、29歳男を児童虐待で逮捕 ニュースジャポン
- 死亡の4歳児暴行で母逮捕 口内から七味唐辛子 ニュースジャポン
- 児童養護施設、虐待増加でパンク状態! ニュースジャポン
- 首相、赤ちゃんポスト否定 ニュースジャポン
- 赤ちゃんポストに男児=3~4歳、運用開始当日-熊本 ニュースジャポン
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



児童虐待―現場からの提言 (岩波新書)
児童虐待―現場からの提言 (岩波新書)川崎 二三彦

岩波書店 2006-08
売り上げランキング : 58227

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
新・子どもの虐待―生きる力が侵されるとき (岩波ブックレット)
「家族」をつくる―養育里親という生き方 (中公新書ラクレ)
児童虐待のポリティクス―「こころ」の問題から「社会」の問題へ
児童養護施設と被虐待児―施設内心理療法家からの提言
子ども虐待―今、学校・地域社会は何ができるか (国民教育文化総合研究所15周年記念ブックレット)



ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会2歳児餓死の母、深夜にカラオケパブに入り浸りブランド品で身を固め夜遊び |
2008-03-16  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。