【花粉症】スギ花粉 外干し服に8割残留・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

【花粉症】スギ花粉 外干し服に8割残留


そういえばこの間、「SmaStation」の最新医療の紹介で花粉症治療もやってましたね。

http://www.tv-asahi.co.jp/ss/index2.html

「スリット減感作療法」っていうらしいですが、効果はどうなんでしょうね。
花粉症ってまだ根治療法がないって言われてるし、早く見つかればいいですね。

<花粉症>洗濯物の外干しNG 服に花粉の8割残留
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080312-00000007-maiall-soci
スギ花粉“襲撃”の季節、マスクやゴーグルなどで防御しても、落とし穴は「洗濯物」--。P&G清潔生活研究所が実施した実験で、花粉対策として一般に知られている「洗濯物をはたいて取り込む」ことに、実効性が薄いことがわかった。同研究所は、花粉症の人の洗濯物は部屋干しにするよう勧めている。

 同研究所では綿100%の試験布を使い、洗濯処理し濡れた状態の布に花粉(スギ)を付着させ、乾燥させた後に手で軽く払う程度の振動を加える実験をした。そこで花粉の残留率を調べたところ、試験布の花粉残留率は、81.8%で、ほとんどの花粉は落ちていないことがわかった。一方、乾いた布に花粉を付けて同様の実験を行ったところ、残留率は14.7%となり、濡れている状態でついた花粉は、乾燥した後に払っても、ほとんどが落ちないことが明らかになった。

 さらに実験では、洗濯処理後の濡れた綿布に疑似花粉を付着させ、乾燥中の繊維の動きを観察した。すると、乾燥するにつれ、布の表面に張りついていた繊維が立ち上がるように動き、疑似花粉を巻き込む様子が確認された。同研究所では濡れた状態で花粉がついたまま乾燥させると、花粉が繊維に巻き込まれてしまい、花粉が落ちにくくなる可能性が考えられるとしている。こうした結果を受け、同研究所では花粉の時期は洗濯物に花粉がつかないよう、部屋干しなどの工夫が大切と結論づけた。

 環境省の花粉飛散マップによると、3月7日現在ですでに35都府県で飛散が確認され、予測によると、今年のスギ及びヒノキ花粉の飛散量は「東日本で昨年の1.5倍から3倍、西日本で平年並み」という。





ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会【花粉症】スギ花粉 外干し服に8割残留 |
2008-03-13  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...