「悩むクマ」、ポーズやめる・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

「悩むクマ」、ポーズやめる


前脚で頭を抱えるポーズで「悩むクマ」として人気を呼んだ徳山動物園(山口県周南市)のマレーグマ、ツヨシが肝心のポーズをしなくなった。同じクマ舎で暮らしていた雌のレーコが今月初め、23歳で死んだのがきっかけだ。最愛のパートナーを失い、本当は悩んでいるかもしれないのだが……。

 一回り体格がいいレーコに見つめられると、ツヨシは餌を落とし、頭を抱えている間に食べられてしまう。そんな2頭が脚光を浴びたのは昨夏。餌をやる時間を動物園が「ぱくぱくタイム」と題して公開したところ、夫婦漫才のようなこっけいな姿が人気を呼び、昨年度の来園者は前年度に比べて一気に約3万8000人増えた。

 ツヨシは94年、業者から買われて徳山動物園に来て、園生まれで8歳上のレーコと出会った。「悩みのポーズ」はその頃からしていたらしい。

 異変が起きたのは今年10月。レーコが餌を残すようになり、体力が落ちていった。寝室から出られなくなると、ツヨシはすき間から寝室の様子をうかがった。レーコが肺炎で死んだ5日朝も、飼育係が集まるレーコの寝室を見つめていたという。

 レーコの死後しばらくは、そわそわしたようなそぶりを見せていたツヨシも、最近は落ち着いてきた。

 ただ、2頭では最後となった11月23日の「ぱくぱくタイム」の後、ツヨシは頭を抱える姿を見せていない。「レーコあってのツヨシ。悩むポーズはもう見られないかも知れない」と、飼育係の平岡大宙さん(25)は話している。(goo)


奥さんが悩みの種だったんでしょうか?(爆)
でも奥さんがいなくなってしなくなったということは、あのポーズは奥さんに関係していたんでしょうね。
ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会「悩むクマ」、ポーズやめる |
2006-12-26  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...