社会保険事務所元職員が不正行為を告白・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

社会保険事務所元職員が不正行為を告白


徴収率をアップさせたい社会保険事務所と保険料を安くあげたい企業の利害が一致したということでしょうね、この不正行為は。
結局泣くのは、何も知らない従業員ということになる・・・

信じる者が馬鹿を見る・・・
知らない奴が悪い・・・

もう勘弁して欲しいですね。
しかも国の機関が率先してこのような行為をしていたとは・・・
自分の年金は自分で守る。
もうそういう時代かもしれませんね。

<厚生年金>社保事務所が不正指南…偽装脱退、元職員証言
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080113-00000071-mai-soci
厚生年金の加入期間が実際より短縮されたり支給の基準額が減らされたりする問題で、社会保険事務所の元職員が、毎日新聞の取材に、会社側にこうした不正の手続きを教えていたと証言した。社保事務所側にとっては保険料の徴収率アップ、会社側にも経費節減という双方のメリットが不正の背景にある実態を明かした。

 証言したのは、90年代の数年間、西日本の社保事務所で厚生年金を扱う部署にいた元職員。「最初は会社に支払い計画を出してもらうが、徴収のめどが立たない場合、脱退して国民年金に変わり、(業務が)軌道に乗ってからまた入るのはどうかと担当職員が話した」と述べ、偽装脱退の持ちかけを認めた。

 当時はバブル崩壊後で、業績不振から保険料を払えない企業が、事務所が担当していた中に数百社あったという。90年代までは厚生年金からの脱退は、届け出書類だけで認められていた。

 また、脱退届を出さずに企業が保険料を払おうとする場合でも、「(支給額を決めるための給与から割り出される標準報酬月額が)40万円の人を20万円にすれば、その分払うべき保険料も安くなるという話は会社にする」と話した。

 これら不正の背景については「厚生年金は本来徴収率100%として、事務所間の競争があった。企業と従業員が折半して負担する厚生年金の保険料の支払いで経営難を招くケースもあり、会社を倒産させないためのアドバイスだった」と語った。


【関連エントリー】
- あなたの年金は大丈夫? ニュースジャポン
- 社保庁の年金記録、生年月日の誤り30万件にも ニュースジャポン
- 厚生年金:給与記録改ざんが発覚 社保事務所の関与も ニュースジャポン
- 「ねんきん特別便」、明日から発送 ニュースジャポン
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



知って得する年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識 2008年度版「自己責任」時代を生き抜く知恵
榎本 恵一
価格:¥ 2,100 (Book)
(参考価格:¥ 2,100)
発売日:
売り上げランキング:105642

>>もっと詳しく見る

ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会社会保険事務所元職員が不正行為を告白 |
2008-01-14  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...