大手居酒屋チェーン、赤身を「霜降り馬肉」と偽装表示・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

大手居酒屋チェーン、赤身を「霜降り馬肉」と偽装表示


毎日のサイトに、このメニューの写真が掲載されていますね

不当表示:馬肉に脂注入…霜降りに 5社に排除命令(毎日)

確かに「霜降り状態」には変わりはないけど、こういう表示のされ方をすると
天然の霜降り肉と間違えちゃうよね。

それにしても食品業界のモラルは地に堕ちていますね。
「どうせわかりやしない」という意識が働いているんでしょうか?
いつかはばれるのに・・・

赤身に脂注入「霜降り馬肉」=大手居酒屋チェーンに排除命令-公取委
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071214-00000130-jij-soci
馬の赤身肉に脂を注入し、「霜降り馬肉」と称して販売したのは、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、公正取引委員会は14日、居酒屋チェーンなど5社に再発防止を求める排除命令を出した。
 命令の対象は居酒屋「白木屋」「月の宴」などを運営するモンテローザ(東京)、「村さ来」の村さ来本社(同)、「酔虎伝」や「八剣伝」のマルシェ(大阪市)。ほかに食肉製造販売のファンシー(東京)と業務用スーパーのトーホー(神戸市)も命令を受けた。
 公取委によると、5社は2005年から今年にかけ、居酒屋のメニューやチラシで、馬のたてがみ脂を注入した馬肉を「霜降りとろ桜刺し」「国産霜降り馬刺し」などと記載し、天然の霜降り馬肉のように表示した。
 居酒屋チェーンは、加工肉であることを認識していた。3社合わせて約1000店舗で、計約7億2000万円を売り上げた。また、ファンシーとトーホーの売り上げは計約8億7000万円だった。
 居酒屋では1皿600円程度で販売していたが、馬産地の天然霜降り肉は2000-3000円するという。



【各社の報道】
脂身注入で「霜降り馬肉」、居酒屋チェーンなど不当表示(日経)
脂身注入「霜降り馬刺し」居酒屋チェーンなどに排除命令(読売)

【関連記事】
日本の「食べ物」の現場
京都の旅館が水道水を名水と偽る
加ト吉 廃棄予定コロッケ販売
「コシヒカリ」産地偽装、「日本ライス」社長ら7人逮捕
賞味期限2年過ぎたチョコ使用
「おたべ」も期限切れチョコ使う


鯛という名のマンボウ アナゴという名のウミヘビ 食品偽装の最前線――魚・肉・野菜・米 (晋遊舎ブラック新書 3) (晋遊舎ブラック新書 3)
吾妻 博勝
価格:¥ 756 (Book)
(参考価格:¥ 756)
発売日:
おすすめ度 ★★★★☆
売り上げランキング:4020


★★★☆☆ 2007-12-14 問題は正直に表示すること。
★★★★★ 2007-10-25 ここまで書いちゃって作者は大丈夫!?
>>もっと詳しく見る

ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会大手居酒屋チェーン、赤身を「霜降り馬肉」と偽装表示 |
2007-12-15  Top▲
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...