大人の工作 「学研電子ブロック」・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

大人の工作 「学研電子ブロック」


工作特集の最後を締めくくるのは、科学好きの大人ならご存じの人も多いと思われる「学研電子ブロック」だ。学研電子ブロックは、遊びながら電子回路を学べる教育玩具として1976年に登場した。発売当時は1万円以上の価格で販売されていたので、購入できなかった人も多かった。当時欲しくても買えなかったお父さんのために学研の大人の科学シリーズで「学研電子ブロック」が復活しているのだ。


■学研電子ブロック限定スペシャルパックとは?
「学研電子ブロック EX-150」は、学研より発売された電気実験キット。今回紹介する「大人の科学 学研電子ブロック限定スペシャルパック」は、トランジスターや抵抗を組み込んだ46のブロックを組み合わせて150種類の電気実験ができる「学研電子ブロックEX-150復刻版」に、60種類の光実験を追加する「拡張キット 光実験60」と、学研電子ブロックの回路解説と実験できる新回路を収録した書籍「学研電子ブロックのひみつ」をセットにした商品だ。

学研電子ブロックでは、ひとつひとつの電子パーツがブロックの中に入っており、ハンダ付けや基板製作の手間なしに電子回路を組めるのが最大の特徴。学研の公式サイトでは「学研電子ブロックEX-150」が復刻するまでの経緯を知ることができる。

大人の科学シリーズの中で、木製の電子ブロックを販売する企画があがっていたが、同シリーズのターゲット層は「学研電子ブロック EX-150」を発売していた頃に小学校高学年~中学校の子供ということや、「EX-150」の復刻版を望む声が大きかったことから、最終的に復刻版として発売するに至ったそうだ。復刻版を作るにうえでの最初のハードルは、当時の現物を入手することで、既に社内でも完動品がなく、ネットオークションで出品されていたものを入札して手に入れたという。発売当時に子どもだった人からの復刻版についての意見や感想もあり、同年代の人であれば楽しく読めるだろう。


■電子回路を組んでみよう
早速、電子回路を組んでみよう。「学研電子ブロックEX-150復刻版」の取扱説明書には、150通りの電子回路が表記されている。マニュアルをみながら、メーターやダイヤルが付いた本体に電子ブロックを配置することで、電気回路ができあがる。簡単な回路なら1分、複雑な回路でも部品点数が限られているため、30分程度で組むことができる。

●"うそ発見機"と"ダイオード検波ラジオ"
人間の体は、電気を通すと、数百キロオームの抵抗として機能する。汗をかいたり、テスター棒を強く握ったりすることで、抵抗値が変化する。"うそ発見機"は、この抵抗の変化をとらえる装置だ。

昔、ラジオ工作の定番といえば、シンプルな回路で電池を使わない鉱石ラジオだった。その鉱石ラジオを再現した回路がダイオード検波ラジオだ。放送局から届いた電波の力だけを使って、ラジオ放送を聞くことができる。


●"音階円盤"と"携帯電話 着信ランプ"
"音階円盤"は、黒いブロックパターンが同心円上に配置されている。このパターンが光の強弱によるパルスを生み出し、それをトランジスタで増幅して音として取り出す。パターンの外側から内側に向かってファイバーを動かすと、ドレミの音階が聞こえる仕組みだ。

"携帯電話 着信ランプ"は、携帯電話の発信や着信を光で知らせるアクセサリーの原理回路。ショットキーバリアダイオードを使用して携帯電話の電波を感知し、発光ダイオードを光らせることができる。


学研電子ブロックは、小学生から大人まで楽しめる電子キットで、子どもの頃に欲しくても親に買ってもらえなかったお父さんにとって、夢が叶う商品といえるだろう。(livedoor)



これ子供のころ欲しかったんだよなぁ~
高かったから買ってもらえなかったけど。
あっ、年がばれるw

今なら買えるし、夏休みの宿題感覚でやってみようかな。

powerd by Amazon360

ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会大人の工作 「学研電子ブロック」 |
2007-07-28  Top▲
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...