<年金支給漏れ>各社保事務所へは心配する人が次々と・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

<年金支給漏れ>各社保事務所へは心配する人が次々と


我が家も先日、社保庁のHPから妻の記録を請求してみました。
若いときからあちこちで働いてるからね。

2週間ぐらいで結果が送られてきました。
その内容は・・・

「年金番号と登録されている住所が違います。勤務先にお問い合わせください」

(´ε`;)ウーン…
妻の勤務先がちゃんと手続きをしてくれてないのかなぁ?
これから調べてみようと思います。

応援してね♪
FC2blog ranking

あなたのところは大丈夫ですか?

<年金支給漏れ>各社保事務所へは心配する人が次々と
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070601-00000123-mai-soci

政府が年金支給漏れ対策とする特別措置法案が1日未明、衆院を通過したことを受け、各地の社会保険事務所の相談窓口には、「宙に浮いた年金」の行方を心配する人が次々に訪れた。

 東京・上野の上野社会保険事務所(台東区)。会社員の女性(51)は、「名前の読み方が特殊なので、社保庁のデータ入力に誤りがあれば不支給になるのではと思い、確認にきた」と話した。32年間で3社に勤めていたが、職員は各社分の厚生年金記録の一覧を見せながら「きちんと一本化されており問題ない」と説明。女性は「対応は親切だった」と安心した様子だった。

 また会社役員の女性(58)は、約2カ月前に同事務所から届いた年金確認書類で、支払い状況が「空欄」となっている期間があるのに気付いた。結婚前、短期間勤めていた会社での厚生年金の記録がなかったという。当時の勤務状況などを書面で伝えた上で、同事務所を訪れたが、支払いがこの日確認され「安心した」と笑顔を見せた。

 しかし、これまで問題を放置してきた同庁の対応には「のんきとしか言いようがない。頭の中は、バブル景気当時のままなのではないか」と苦言を呈した。

 東京社会保険事務局によると、各事務所への相談は増え続けており、例えば江東社会保険事務所(江東区)では、1日当たり90~100件だった年金相談が最近は130~140件となっている。

 また岡山県の岡山東社保事務所では通常5~6人だった窓口の待ち人数が、20人近くになることが常態化。大阪社保事務局も「問題が浮上してから1~2割程度、相談が増えているのでは」と話す。

 こうした動きの中、各事務所では「他課の職員を窓口に回して対応を強化」(兵庫社保事務局)など、相談体制の拡充を進めている。

 社会保険庁が設置した電話相談窓口「ねんきんダイヤル」(0570・05・1165、0570・07・1165)への問い合わせも急増。例年の同時期では1日1万件前後だが、今週は1日4万件近くで推移している。

 社会保険労務士も忙しくなっている。

 東京都江東区の猪野保正さんは「自分の納付状況が判然としないため不安になり、『救済されるケースに当たるのか』と相談してくるケースが目立つ。今後も混乱は続くだろう」と話した。

【関連記事】
社保庁の年金記録、生年月日の誤り30万件にも
あなたの年金は大丈夫?
待ちかねた“離婚予備軍”…新制度「年金分割」、相談3万件・女性8割
社保庁廃止後の名称は「日本年金機構」
ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会<年金支給漏れ>各社保事務所へは心配する人が次々と |
2007-06-02  Top▲
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...