肺がん抗がん剤「イレッサ」副作用死706人・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

肺がん抗がん剤「イレッサ」副作用死706人


wikipediaによると、イレッサは世界で最初に日本で承認。
アメリカでも承認されたものの、効果がないと承認を取り消された薬です。

今、世界でこの薬を使ってるのは数カ国だけ・・・

ゲフィチニブ(商品名:イレッサ)・・wikipedia

なんだかすっきりしませんね。
この薬にこだわる理由が厚生労働省にはあるんでしょうね・・

応援してね♪
FC2blog ranking

<イレッサ>副作用死706人 厚労省公表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070601-00000058-mai-soci
厚生労働省は1日、肺がんの抗がん剤「ゲフィチニブ(商品名イレッサ)」について、02年7月の販売開始から今年3月末までに国内で1797人の副作用が製造販売元のアストラゼネカ社に報告され、706人が急性の肺障害で死亡したと公表した。小池晃参院議員(共産)の質問主意書への答弁書で明らかにした。
 この1年では、166人の新たな副作用報告があり、死亡は63人。死者数は減少傾向にあり、厚労省安全対策課は「重大な副作用を念頭に置いた慎重な投薬が現場で浸透してきた」とみている。
ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会肺がん抗がん剤「イレッサ」副作用死706人 |
2007-06-01  Top▲
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...