テレ朝の「腐敗」告発 ドンドン出てくる理由・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

テレ朝の「腐敗」告発 ドンドン出てくる理由


これが事実ならとんでもないですね。
人のことなんか批判できないですよ。

最近マスコミって、その影響力が強くなりすぎて誰も批判できないような感じになってると思いませんか?

真実を報道するためには、まず自分たちが襟を正す必要があると思います。

応援してね♪
FC2blog ranking

テレ朝の「腐敗」告発 ドンドン出てくる理由
http://news.livedoor.com/article/detail/3160109/
2007年5月14日発売の週刊ポストと週刊現代は、テレビ朝日の金銭トラブルや過剰接待を巡る「疑惑」をそれぞれ報じた。06年9月には、同局チーフ・プロデューサーが番組制作に絡み不正経理を繰り返し、制作会社側から過剰な接待を受けていたとして懲戒解雇されたばかり。ポストと現代が報じた中身の真偽のほどは分からないが、これだけ「腐敗」告発が続くのはなぜか。

週刊ポスト(5月25日号)が報じたのは「テレビ朝日が社内調査した/『愛のエプロン』消えた4000万円!」というタイトルの特集。女性タレントたちが料理の腕を競う人気番組を巡り、関係者へのギャラ未払いがあると指摘した。テレ朝関係者の話として、下請けの制作会社X社を通して支払われるべきギャラの一部が約2年間未払い状態で、総額4,000万円に上るとした。

「着服、社内でも有名な話」?
テレビ朝日広報部は、J-CASTニュースの取材にも答え、「当社から制作会社に支払われている制作費の中で制作会社が関係先へ毎回支払うべき支払いの一部が滞っていたことが、プロデューサー、チーフプロデューサーのチェックで明らかになった」と一部未払いがあったことは認めている。さらに「制作会社などと協議した結果、すでに支払いを済ませ解決している。チーフプロデューサーら番組スタッフに瑕疵(かし)はありません」と局側には責任がない考えを明らかにしている。
未払いだった金額については「(4,000万円という)数字は違っております」。正確な数字については「数字は違っているとしか申し上げられない」と言っている。

もっとも、ポスト誌は、「たんなる経理ミス?そんなアホな。キックバックはなかったのか」と疑問の声が出ていると指摘している。

一方、週刊現代(5月26日号)は、「『テレビ朝日』私が知っている『全犯罪』」として元同局プロデューサーが実名で3人の同局元幹部について証言した。局の幹部時代に銀座で豪遊するなど過剰な接待を受けていたことや、ある元部長は部長在職当時に3,000万円を着服していたことは「社内では有名な話」と指摘した。部下に白紙の領収書に打ち合わせ先の会社名と金額、日付けなどを書かせ、偽造領収書を作る手口だった。テレ朝広報部からは、「不祥事」について明確な回答はなかった、とし「テレ朝腐敗の実態解明は次号も続く」としている。現代の報道について、テレ朝広報部はJ-CASTニュースの取材に対し「(記事は)退職した人物の発言。答える立場にない」としている。

「キックバックさせたり接待という話は何度も聞いたことがある」
06年9月の不正経理事件とは、同局の人気番組「奇跡の扉 TVのチカラ」などを担当していたチーフプロデューサーが、外注先の番組制作会社に番組制作費赤字補填などの名目で架空請求するよう指示していたとして、テレビ朝日がこのチーフプロデューサーを懲戒解雇にする、と発表した事件。プロデューサーは制作会社側からキックバックとして過剰な接待を受けていた。同局はこの架空請求を中心として、東京国税局の税務調査を受け、3年間で1億3,000万円の所得隠しを指摘された。会長や社長の減俸などの処分もあった。週刊誌報道に端を発した形だった。

テレビ業界に詳しいジャーナリスト、坂本衛(まもる)さんは「一般論として、テレビ局幹部が制作会社に指示して金を浮かせてキックバックさせたり接待させたりなんていう話は何度も聞いたことがある」と話した。今回の2週刊誌報道については「証拠がはっきりせず何とも言えない」。その上で「これも一般論だが、下請け制作会社の立場が弱いという問題点を忘れてはいけない。番組作りの現場が大切だという視点からテレビ局との関係を考え直す必要がある」と指摘した。
ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会テレ朝の「腐敗」告発 ドンドン出てくる理由 |
2007-05-14  Top▲
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...