ケータイ小説 女子中高生に超人気・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

ケータイ小説 女子中高生に超人気


ケータイ小説かぁ
確かにどこでも気軽に読めるっていうのはあるよね。

だけど、「『本を1冊読み通した』という経験がない人」っていうのには驚いた(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!
大丈夫かなぁ・・・

「自分たちと同じキモチ」 ケータイ小説 女子中高生に超人気
http://www.j-cast.com/2007/02/28005852.html
・「ケータイ小説」が書籍化されるケースが相次いでいる。文芸分野では06年の売り上げ
 ランキングベスト10のうち4つを占め、ケータイ小説のコンテストも開かれるなど、人気は
 うなぎのぼりだ。

 ケータイ小説のさきがけは 2000年にYoshiさんが発表した「Deep Love」だと言われている。
 Yoshiさんが自身のサイトで連載したところ、評判が口コミで広がり、自費出版で10万部が
 売れたという。後に改めて出版社から書籍化され、映画・ドラマ化もされた。この作品は
 シリーズ化され、全体では270万部を売り上げた。

 ケータイ小説というジャンルは女子中高生の人気を集め、影響力は確実に大きくなってきている。
 最近では「恋空(上・下)」が124万部、「天使がくれたもの」が40万部の売り上げを記録するなど
 好調な売れ行きが続きている。
 トーハンが発表した06年の年間ベストセラーランキングによると、単行本の文芸部門ベスト10の
 うち、4つをケータイ小説が占めている。

 「Deep Love」を出版したスターツ出版の山下勝也・書籍編集販売担当役員は、こう話す。
 「うちの部署には部下が4人いますが、いつもケータイ小説が載っているサイトを見るように
 言ってるんです。その中で『これは』というものは、交渉して書籍化しています」
 たった4人のスタッフでこれだけのベストセラーを送り出すとはスゴイが、山下さんは、そ
 の秘密をこう明かす。
 「『文章はへたくそだけれど自分たちと同じ体験をしている』という、読者のニーズを分かってるん
 ですよね」

 さらに、「Deep Love」がヒットした時の現象を「ケータイ小説の第1期黄金期」とし、それ以降
 ケータイ小説がブームになった背景を、こう分析する。
 「実は、ケータイ小説の読者(主に14歳~20歳の女性)には『本を1冊読み通した』という経験が
 ない人もおられて、ウェブにしろ書籍化されたものにしろ、ケータイ小説を読んでみたら『全部
 読めちゃった』ということで、ケータイ小説を好きになる、というケースが多いようです。さらに
 『自分たちと同じキモチ、空気感を共有できる』ということで、『私たちが読むものだ』という
 意識を持ってもらっているのではないでしょうか」 (一部略)
ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会ケータイ小説 女子中高生に超人気 |
2007-03-04  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...