豊作野菜の「産地廃棄」見直しへ・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

豊作野菜の「産地廃棄」見直しへ


当たり前だね。
食べ物は大切にしないといけません。

食料自給率の低い日本。
一方で大量に輸入し、一方で豊作で大量に廃棄・・
何かおかしいと思いません?

もっといろんなものをバランスよく作ったらいいのに・・と思うのは素人の浅はかな考えなんでしょうか?
どうせ助成するなら、そういう方向になるように助成した方がいいと思いませんか?

豊作野菜の「産地廃棄」見直しへ…農水省が検討委
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070206-00000016-yom-bus_all
農林水産省は6日、野菜の豊作に伴う値崩れを防ぐために1972年から実施してきた「産地廃棄」を見直すため、第三者でつくる検討委員会を設立する方針を明らかにした。

 新鮮な白菜やキャベツなどをトラクターでつぶして畑の肥料にする廃棄処分の実態に対し、消費者から「もったいない」「教育に悪い」との声が高まっているためだ。

 産地廃棄は緊急需給調整策の一つで、キャベツ、大根、白菜など6品目が対象となる。卸売価格が過去9年間の市場平均価格の7割以下に下がると、出荷を見送るように要請し、生産コストの一部を補てんする。

 昨年は11~12月に好天の影響でキャベツと白菜などが豊作になった。全国で2万2000トンが廃棄され、国と生産者が折半出資した基金からの助成金は5億円にのぼる。一方、農水省が受けた電話や電子メールの苦情や意見は「130件を超える」(野菜課)という。
ニュースジャポン全記事ランキング


TOP社会豊作野菜の「産地廃棄」見直しへ |
2007-02-07  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...