真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

オゾン発生器の危険性


こちらの国民生活センターによるオゾン発生器のテスト結果を見れば、テストしたほとんどの機種で危険な濃度になったそうです。

家庭用オゾン発生器の安全性(国民生活センター)

この記事に具体的な製品名の記載のあるPDFファイルもあるけど、知らないメーカーばかりで怪しそうだった。

しかも薬事法に抵触しそうな表示や広告をしてたものまであったみたいで、さらに怪しいです。

また、このPDFファイルの最後のほうにアメリカでの研究結果の記載があり、それによると人体に影響のない程度のオゾン式空気清浄機では有害物質の除去に効果は見られなかったそうです。

となると、オゾンを使って有害物質の除去を行うためには、人体へ影響があるレベルの濃度にしないといけないということになりますね。

ということなので、皆さんも気をつけてくださいね。

オゾン発生器、健康被害続出 除菌効果うたう
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090828-00000549-san-soci
インフルエンザの予防効果などをうたった「家庭用オゾン発生器」による健康被害が相次いでいることが27日、国民生活センターの調べで分かった。センターは厚生労働省にメーカーへの指導を求めるとともに、「専門知識のない人は購入を避けた方がよい」と呼びかけている。

 家庭用オゾン発生器は酸化力の強いオゾンの脱臭、除菌効果を利用し、空気清浄機などの形で通販や訪問販売で多く売られている。しかし、一定量以上のオゾンを浴びると、ぜんそくや呼吸困難などの症状が表れ、死亡の危険もあるという。

 5年間で410件の相談が寄せられ、うち13件では健康被害が起きていた。



Yahoo! Translation

I understood that the healthy damage with "the ozonizer which declared protective efficacy of the influenza for families" occurred successively in the investigation by National Life Center on 27th. The center fielder demands guidance to the maker from Ministry of Health, Labour and Welfare and calls that "the person without the technical knowledge had better avoid the purchase".

 There is many it, and the ozonizer for families is sold by a mail order and door-to-door sales in the form such as air cleaners using deodorization of strong ozone of the oxidation power, a sanitization effect. However, symptoms such as asthma or the dyspnea appear when I take ozone more than a fixed quantity, and it is said that there is the danger of the death.

 410 consultation was sent in five years, and I beat, and the healthy damage was taking place in 13 cases.


ニュースジャポン全記事ランキング

スポンサーサイト




2009-08-28  Top▲

ソフト闇金、じわり増殖


改正貸金業法の内容については、この「All About」さんの記事がわかりやすいです。

高額ローンが組めなくなる?総量規制とは

総量規制の対象になるのは無担保ローンで、住宅ローンや自動車ローンなんかは対象外みたいですね。

あとクレジットカードのショッピング枠も対象外みたいですが、だんだんと厳しい方向に向かってるみたい。

給与やボーナスがカットされて生活が苦しいけど、なんだか最近どこも貸してくれなくなった・・・

そんな人をソフト闇金が狙ってるんでしょうね。

だけど年利80%・・・

普通に考えて返せるもんじゃないよ・・・

そんなものに手を出す前に、何か他の方法を模索した方がいいと思いますよ・・・

脅さず年利80%…「ソフトヤミ金」暗躍 市民や零細業者、不況で頼る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090824-00000511-san-bus_all
非合法な高金利を課して社会問題化した「ヤミ金」が従来より低い金利の「ソフトヤミ金」に姿を変え、個人事業者や市民生活の間にはびこり始めていることが23日、東京情報大学の調査で明らかになった。来年6月に完全施行される貸金業法の規制強化で、消費者金融などから融資を断られた顧客の利用が、不況も重なって増えており、新たなヤミ金問題として浮上してきた。

 東京情報大の堂下浩・准教授が資本金2000万円未満、従業員5人以下の全国の零細事業主、約1200人を対象に、昨年と今年の5月の2回、返済期間6カ月以下のつなぎ資金の調達先をインターネットで調査した。業種は製造、建設・不動産、小売り、飲食店などが大半を占めた。

 今年の借入先上位は、(1)親族・知人(2)消費者金融・クレジットカードと続き、ヤミ金は5位だった。ただ、利用者は昨年の 5.5%から 7.3%へじわり増加。半面、消費者金融などは昨年の37.9%から28.5%と 9.4ポイントも下落した。

 堂下准教授は実際に複数の借り手に面談し、「『ソフトヤミ金』の利用が確実に増え、消費者金融などから移行している」と分析する。かつてヤミ金は貸金業の登録をせず、年数百~数千%もの高金利で暴力的取り立てを行うとして社会問題化した。刑事罰を強化した「ヤミ金融対策法」が2004年1月に施行されて表面的には鳴りを潜めた。しかし、代わって増えてきたのが新種の「ソフトヤミ金」。「暴力的行為はなく金利は年40~80%前後」(情報調査会社)というが実態は不透明だ。

 上限金利29.2%を超えた非合法な業者で、かつてのヤミ金や「規制強化で廃業に追い込まれた業者が衣替えしている」(都内の貸金業者)とされる。そこに、「融資を受けられなくなった顧客が流れ込み始めた」(業界団体幹部)ようだ。

 東京情報大は同時期に、「直近の1年間で消費者金融などから融資を断られた人」の使途別借入先も全国の約1400の個人、事業者に調査。不況を反映し、生活費の工面で「ソフトヤミ金」利用が増えている。堂下准教授は「ソフトヤミ金は市民生活にまで広がり、主婦でも気軽に借りられる雰囲気で問題は深刻だ。多様な資金需要に応じられる金融制度の整備が急務」と警告する。


【関連エントリー】
- 消費者金融、審査厳格化 ニュースジャポン
- 債務整理でトラブル多発 ニュースジャポン
generated by 関連エントリーリストジェネレータ

ニュースジャポン全記事ランキング


2009-08-24  Top▲

リッター40キロ、トヨタが150万円の低燃費車


トヨタ自動車は12日、ガソリン1リットルで40キロ超を走る超低燃費の小型ハイブリッド車を2011年にも発売する方針を明らかにした。

 1リットルあたり38キロの新型「プリウス」を上回り、ガソリン走行をメーンとする量産ハイブリッド車では世界最高の燃費性能となる。省エネルギーに敏感な消費者を取り込み、ハイブリッド車の販売競争でライバルのホンダなどを引き離すことを狙う。

 超低燃費のハイブリッド車は、小型車「ヴィッツ」をベースにする。燃費はヴィッツの1リットルあたり最大22キロの約2倍で、価格は150万円前後の見込みだ。トヨタのハイブリッド車では価格が最も安く、国内と欧米などで販売する。

 国内ではハイブリッド車人気が加速している。ホンダの「インサイト」は、燃費は1リットルあたり30キロと「プリウス」には及ばないが、販売好調で国内販売目標(09年度)を当初の6万台から10万台超に引き上げた。日産自動車も10年にもハイブリッド車を発売する。トヨタはホンダが10年に発売する小型車「フィット」のハイブリッド車に対抗する意味合いもある。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090812-OYT1T01232.htm


自動車各社の低燃費車競争が激しくなってきましたね。

ハイブリッド車に電気自動車・・・

そういえば昨日、アメリカのGMもリッター100キロメートルの車を発売するってニュースがあったね。
米GM、新環境車「1リットル100キロ」 新車投入を拡大(魚拓化)

数年後には、いろんな種類のハイブリッド車や電気自動車がデビューするんでしょうね。
個人的には電気自動車に興味津々です^^

【関連エントリー】
- ハイブリッド車の実際の燃費ってどのくらい? ニュースジャポン
- 日産の電気自動車、ガソリン車と同価格に=来秋発売へ ニュースジャポン
generated by 関連エントリーリストジェネレータ


このニュースの英訳(By Yahoo!翻訳)

Toyota Motor Corporation clarified a policy to release a small hybrid car in 2011 of the super low mileage to run for more than 40 kilos at gasoline 1 liter on 12th.

 I exceed new model "prius" of 38 kilos per 1 liter and become the world's best mileage performance by mass production hybrid car which assumes a gasoline run Maine. I take in the consumer who is sensitive to energy saving and aim at separating Honda of the rival by the sale competition of the hybrid car.

 The hybrid car of the super low mileage is based on compact car "Vitz". As for the mileage, the price has a possibility of around 1,500,000 yen with about 2 times of 22 kilos per 1 liter of Vitz at the maximum. A price sells it by hybrid car of Toyota most cheaply in the country and Europe and America.

 Hybrid car popularity accelerates in the country. In "INSIGHT" of Honda, the mileage did not extend to 30 kilos per 1 liter and "the prius", but raised domestic sale target (09) to more than 100,000 from original 60,000 of them by a big sale. Nissan Motor releases a hybrid car in 10, too. Toyota has the implication against a hybrid car of the compact car "fitting" that Honda releases in 10.


ニュースジャポン全記事ランキング


2009-08-13  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...