真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

愛犬にもCT、MRIなど高度医療


世の中にはいろんな考え方の方がいます。

ペットに対する考え方もそう。


動物好きな人、嫌いな人。
犬は好きだけど猫は嫌いな人、その逆の人。
動物は好きだけど、その動物を飼ってる人のマナーの悪さが嫌いな人・・・


1つの意見にまとまらないのは仕方ないと思う。


今回のこの動物用の高度治療施設も賛否が分かれそうな施設ですね。


「人間ですら満足に治療できない人がいるというのに・・・」
「命の重さは一緒なんだから、毎年たくさん殺処分されている犬や猫たちを助けてやれ」


こういうご意見もごもっとも。

それでも僕は、こういう施設もあっていいと思います。

助けてやれるものなら助けてやりたいじゃないですか、その可能性があるのならば。


もちろん殺処分の問題も大切な問題で解決していかないといけない問題だと思います。

だけど、その問題とこの施設の賛否についてをごちゃ混ぜにして批判するのはどうかなぁと思います。

【関連エントリー】
- ペット税導入か? ニュースジャポン
- ペット火葬で悪質業者が横行 ニュースジャポン
- 犬にしか聴こえない着信音 ニュースジャポン
generated by 関連エントリーリストジェネレータ


愛犬にも高度医療=CT、MRI、人工透析も-大阪府立大
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090629-00000012-jij-soci
磁気共鳴画像診断装置(MRI)、コンピューター断層撮影装置(CT)、集中治療室(ICU)…。最新の医療設備を誇る真新しい建物で、動物たちが治療を受けている。大阪府立大学の獣医臨床センター(同府泉佐野市)。ペットの治療に高度医療を求める飼い主は、年々増えているという。
 府立大は4月、獣医学科と付属病院に当たる同センターを、堺市から関西国際空港対岸の新キャンパスに移転。国内トップレベルの医療機器を備え、バイオテクノロジーや感染症の研究を進めている。
 同センターの「患者」は犬猫が中心だが、動物園のコアラやラクダを診察することも。ペットの寿命が延びるにつれ、がんを患う犬猫が増えており、同センターは最新の放射線治療装置を導入。人工透析や内視鏡、超音波検査の設備もある。
 久保喜平センター長は「動物の医療はますます高度化している。開業医では困難な治療を引き受け、拠点病院としての機能を果たしたい」と話している。 



ニュースジャポン全記事ランキング

スポンサーサイト




2009-06-29  Top▲

穀物が上昇 食品再び値上げ?


原油価格もここ最近上がって来てますよね。

原油の次は穀物ですか・・・

どちらも生活に欠かせない。

世界の人口が増え、発展途上国の経済レベルが上がってくればどちらも激しい争奪戦が繰り広げられるのは自然の流れ。

石油はほとんど輸入に頼り、食糧自給率は低い日本。

本当に大丈夫か?

まっ、大切な食料を大量に捨てさせてる某コンビニチェーンがあるくらいだから、日本はまだまだ大丈夫かw

食品再び値上げ? 景気回復期待…穀物相場は上昇傾向
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090625-00000117-san-bus_all
食品価格が再び値上がりに転じる可能性が出てきた。穀物の国際相場が、世界的な景気回復期待などを背景とする投機マネーの再流入で騰勢を強めつつあるからだ。すでに畜産用の飼料価格は値上がりしており、年明け以降は輸入小麦の政府売り渡し価格も引き上げられる可能性がある。いったんは値下がり基調となった食品価格が再び上昇すれば、景気回復の重しにもなりかねない。(今井裕治)

  [グラフでチェック]世界の農産物価格の動向

 ≪投機マネー流入≫

 昨年、値上げラッシュが相次いだパンなどの食品価格は足元では価格引き下げの動きが広がっている。昨年後半からの穀物相場の下落で、輸入小麦の政府売り渡し価格が4月から14・8%引き下げられたためだ。これを受け、製パン最大手の山崎製パンは5月11日から食パン「超芳醇特撰」を9・5%値下げしたほか、3位のフジパングループ本社も6月から食パンなど17品目の価格を5~10%引き下げている。

 中国など新興国の需要拡大を見越した投機マネーの流入で、一昨年ごろから急上昇した穀物の国際相場は、昨年の金融危機をきっかけに急落した。しかし、今年6月中旬時点の穀物相場は、昨年12月末に比べ、トウモロコシで4割、大豆で6割、小麦で3割値上がりしている。景気の底入れ期待を背景にした投機マネーの再流入に加え、米国での天候不順による作付けの遅れなど実需要因も重なっている。

 ≪飼料はすでに≫

 これを受け、すでに豚や牛のエサとなる飼料分野では値上げの動きが広がっている。全国農業協同組合連合会(JA全農)や日本農産工業など飼料メーカー各社は7~9月期の飼料価格を3四半期ぶりに値上げすることを決めた。前期(4~6月期)に比べ1トン当たり2800~3千円前後(約5~6%程度)の引き上げとなる。

 飼料価格は、年明けから2四半期連続で値下げされ、飼料全種の1トン当たりの平均価格は現在、昨年10~12月期の最高値を約1万6千円下回る水準まで下落した。だが、再び上昇すれば、牛乳価格などの値上げにつながる可能性がある。実際、昨年の高騰局面では、飼料高で事業採算が大幅に悪化した酪農家が、乳業メーカーに売り渡す生乳価格を年2回値上げし、乳業各社は約30年ぶりに牛乳値上げを余儀なくされた。

 ≪新興国需要拡大≫

 今後の穀物相場について第一生命経済研究所の永浜利広・主席エコノミストは「新興国の需要拡大で値上がりが続く可能性が高い」と指摘する。

 政府の小麦売り渡し価格は「年前半の値下がり傾向を受け、今年いっぱいは下がる方向」(大手製粉)だが、国際相場がこのまま上昇を続ければ、年明け以降、値上がりする可能性があり、昨年相次いだ食品値上げの再来となりかねない状況だ。


ニュースジャポン全記事ランキング


2009-06-25  Top▲

日産の電気自動車、ガソリン車と同価格に=来秋発売へ


これは気になる。

ハイブリッドで出遅れた日産は電気自動車で勝負をかけるみたいですね。

実用的でかつ手頃な値段になればいいんだけど、どうかな?

「ハイブリッドだけがエコカーじゃない」という情けないCMを流してる日産。

本気出して気合い入れて、いい電気自動車を作ってください。

期待しています。

【関連エントリー】
- 燃費向上せず 19社に排除命令 ニュースジャポン
- ハイブリッド車の実際の燃費ってどのくらい? ニュースジャポン
- トヨタ 低価格ハイブリ開発へ ニュースジャポン
generated by 関連エントリーリストジェネレータ

日産のEV、ガソリン車と同価格に=来秋発売へ-ゴーン社長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090623-00000146-jij-bus_all
日産自動車のカルロス・ゴーン社長は23日、来秋発売する電気自動車(EV)の価格について、「通常の車に匹敵するものでなければならない」と述べ、補助金込みでガソリン車と同じ価格帯に設定することを明らかにした。大量生産でコストを抑え、出遅れているエコカー市場で巻き返しを狙う。横浜市での株主総会後、記者団に語った。
 三菱自動車と富士重工業が7月、EVを発売する。しかし、今年度の生産台数は三菱自の「アイミーブ」がわずか1400台で、価格は国の補助金制度を使っても約320万円と、同じ大きさの軽自動車と比べ2~3倍。これに対し、日産は年産5万台からスタートし、補助金を活用して200万円以下の価格帯に抑えるとみられる。 


ニュースジャポン全記事ランキング


2009-06-23  Top▲

観光客急増 屋久島入山制限へ


これは当然の措置でしょうね。

屋久島の自然が保護されてこそ世界遺産の価値がある。

いつまでも屋久島のすばらしい自然が保たれればいいなと思います。

観光客増、荒れる世界遺産…屋久島に11年度から入山制限
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090620-00000527-yom-soci
環境省と鹿児島県屋久島町は、観光客の急増で環境破壊が進む世界遺産の屋久島で、2011年度から初めての入山制限に踏み切る方針を固めた。

 昨年4月に施行されたエコツーリズム推進法の初適用を目指す。自然公園法とは異なり、地元市町村が立ち入り制限区域を指定できるのが特長で、違反者には30万円以下の罰金が科される。

 屋久島は、推定樹齢7200年ともされる縄文杉や地表を覆うコケなどの自然美や生態系が評価され、1993年、白神山地(青森、秋田)とともに国内初の世界遺産に登録された。

 登録をきっかけに入山者が急増。08年には10万9000人に上り、休日の入山者は1000人前後に達することも珍しくない。特に、し尿の現地埋め立て処分が限界にきている。

 04年、環境省からエコツーリズムのモデル地区に指定された。町、環境省、国有林を管理する林野庁などでエコツー推進協議会を発足させ、ガイド制度や過剰利用対策を議論している。

 今後、1日あたりの入山可能人数などを含めた全体構想を定め、関係省庁の認定を受ける。上限を300人程度にする意見が町などから出ており、日高十七郎(となお)・屋久島町長は「世界遺産を守るのは我々の責務」と強調する。

 屋久島のほかには、沖縄・慶良間(けらま)地域がサンゴ礁保護のため、エコツー推進協で立ち入り制限を検討している。また、自然公園法に基づき、吉野熊野国立公園の一部で入山制限がある。

 国立公園協会(東京)の鹿野久男理事長の話「入山者のマナー徹底や、ガイド同伴を入山の条件にする制度も同時に実現させれば、モデルケースになり得る」

 ◆エコツーリズム推進法=過剰利用地域の立ち入りを制限して観光資源の保護を図ることで、ブランド力を高め、観光振興との両立を目指す。環境保護意識の高まりを受け、議員立法で成立。罰則もついた。屋久島は霧島屋久国立公園の一部だが、国立・国定公園以外でも適用できる。


ニュースジャポン全記事ランキング


2009-06-20  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...