健康と医学・真面目なニュース・お馬鹿なニュース・痛いニュース・気になるニュース・ちょっとHなニュースなど、いろいろな話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースジャポン全記事ランキング


--------  Top▲

乳がんは女性だけの病気ではない


【気になるこの症状】毎年10月は、世界規模で行われるピンクリボン月間。国内の乳がん罹患者(女性)は年間5万人超で、30-64歳では死亡原因の第1位。だが、自分で発見でき、早期なら9割は助かる生存率の高いがんでもある。自己検診の習慣をつけよう。

 ■約1%は男性に発症

 乳がんは30代から急増して、40代半ばを中心に50代前半までがピーク。発症には女性ホルモンの“エストロゲン”が関与し、その分泌期間が長い人ほど乳がんになる可能性が高くなるといわれている。しかし、男性も他人事ではない。

 東京医科大学病院・乳腺科の河野範男教授は「年間200人中1-2人は男性患者。男性の場合、遺伝的要素が強いので身内に乳がんの人がいたら要注意です」と“女性のがん”という先入観に釘を刺す。

 男性の乳がんは生存率が低いともいわれるが、「それは受診が遅れるから」と指摘する。

 ■痛みのないシコリ

 乳房の内部は、乳頭を中心に15-20個の乳腺という房(ふさ)のような組織が放射線状に並んでいる。ほとんどの乳がんが、乳腺の管の部分(乳管)から発生する。がん細胞が増殖して大きくなるとシコリとなって触れるようになるのだ。

 「乳がんを疑う一番の症状はシコリ。ただし、痛みなどの自覚症状がないので、早期発見には自分で定期的に万遍なく触ってチェックすることが大切になる。また、乳頭の異常分泌が起こるケースもある。黄色や血の混じった黒っぽい分泌物が出た場合には乳がんの可能性があります」

 乳がんのできやすい場所は、乳房の外側上部、内側上部、外側下部、内側下部、乳輪部の順だ。

 ■若年層はエコー検査

 乳がんは急激に大きくなることはなく、1個のがん細胞から触って分かる直径1センチのシコリになるまで5-10年かかるといわれる。それまでに発見するには乳がん検診が欠かせない。乳房専用のX線検査「マンモグラフィ」がよく知られるが、決して万能ではない。

 「マンモグラフィは高齢者での発見率は高いが、乳腺の発達している若い人はシコリが隠れて見えないことがある。エコー(超音波)検査と併用することが大切です」

 普段は自分で胸を触って自己検診、年1回はエコーを受ける。40歳以上になったら加えて、2年に1回、マンモグラフィを受けていれば万全だ。

 男性であっても油断は禁物。時々は入浴中などに自己検診をして、シコリがあれば早めに乳腺科を受診しよう。

 河野教授は「シコリが2センチ以下の乳がんなら早期と思っていい。悪性度が低ければ、10年生存率は9割近い」と早期発見を呼びかける。

《乳がん発症のリスク因子》

【女性ホルモンの分泌が長い】

・初潮が早い
・閉経が遅い
・初産が遅い
・出産回数が少ない

【女性ホルモン以外の因子】

・家族に乳がんの人がいる
・肥満気味
・喫煙習慣がある
・毎日飲酒する(日本酒は2合、ビールやワインはグラス2杯以上)
・体を動かす機会が少ない
・良性乳腺疾患の既往がある

http://news.livedoor.com/article/detail/7079154/


 「男性も乳がんになるとは・・・。知らなかったよ」

 「私も知らなかった。でも男性は女性の100分の1以下みたいだから、そんなに気にしないでも大丈夫じゃない?」

 「まぁ確かにね。しかも男性の場合は遺伝的要素が強いみたいだから僕は大丈夫かな」

 「定期的にしこりがないかどうかチェックするのが大事ね。私が定期的にチェックしてあげようか?」

 「えっ、いや、自分でするからいいです」

 「どうしてよ」

 「その後に、あなたのチェックもやらされそうだから・・・」

 「したらいいじゃないの?というかたまにはチェックしなさいよ」

 「勘弁して下さい・・・」

乳がんに関する本

ニュースジャポン全記事ランキング

スポンサーサイト

2012-10-25  Top▲

男性型脱毛症 気軽に受診も


遺伝的に髪の毛が薄くなるAGA(男性型脱毛症)は、男性にとって深刻な悩みだ。そんなAGAに効果のある飲み薬が普及し、気軽に治療を受ける人が増えているという。10月20日は「頭髪(とうはつ)の日」。夏に浴びた紫外線の影響が頭皮にも出やすいこの時期、気になる人は一度、医師に相談してみてはどうだろうか。(加納裕子)

【写真で見る】 投与後3年のAGA患者の前頭部

 ◆3人に1人

 AGAは思春期以降、額や頭頂部の毛髪が細く薄くなり、抜け毛が進行する。発症年齢や進行の速さは個人差があるが、確実に進行することが特徴。日本人男性の約3人に1人がAGAとされる。

 主な原因は、男性ホルモン「テストステロン」に「5α-還元酵素II型」が作用し、別の男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換され、髪の成長を抑制するため。この酵素を阻害する内服薬「フィナステリド」が開発され、1998年に米国で発売された。国内でも7年後の平成17年から医師の処方薬として流通している。

 日本皮膚科学会は22年4月、AGAの治療薬について5段階で評価した初の診療指針を発表。塗り薬のミノキシジル(商品名リアップ)と飲み薬のフィナステリド(商品名プロペシア)を強く勧められる「A」と評価した。

 ガイドライン作成に携わった大阪大大学院皮膚・毛髪再生医学寄附講座の板見智教授は「世界中の論文を集めて検証し、この2つはかなり推奨できることが分かった」と振り返る。

 実際、どのように処方されているのか。

 ◆性格も明るく

 大阪府寝屋川市でAGA治療を行っている「吉岡皮膚科医院」の吉岡晃医師(60)によると、問診と視診を行い、円形脱毛症など他の病気ではないかをチェック。AGAと診断すると、まずフィナステリドを1カ月分処方する。服用は1日1回で、費用は1カ月分で約1万円。問題がなければ内服を続け、半数以上の人が半年から1年で効果を実感するという。

 「毛髪が丈夫になり、抜け毛が減るだけでも効果は大きい。見た目が若くなることで性格も明るくなり、前向きになる人も多い」と吉岡医師。

 薬を内服することで勃起不全など男性機能の低下を心配する人も多い。しかし、男性ホルモンそのものに働きかける薬ではないため、そうした副作用はないという。

 吉岡医師は「以前よりも軽い気持ちで受診する人が増えてきている。治療をすべきか悩んでいる人は一度、相談してほしい」と呼び掛けている。

 ■開発進むAGA新薬

 AGA治療のための新薬の開発は各国で進められ、AGAに悩む人の選択肢を広げることが期待されている。

 現在、5α-還元酵素II型に加え、もう1つの酵素「5α-還元酵素I型」も阻害する飲み薬「デュタステリド」が臨床試験中だ。まつ毛育毛剤として使われている塗り薬「ラティース」をAGAに適用拡大するための臨床試験も行われている。

 板見智教授は「臨床試験の結果を見ないと分からないが、ミノキシジルやフィナステリドと同等の効果が出る可能性はある」と話す。AGAに関係する遺伝子解析も進んでいるといい、今後、治療薬の開発に役立てられそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121016-00000523-san-soci


「ハゲは遺伝だから仕方ないと思っていたんだけど、最近は治療法や治療薬があったのか・・。知らなかった・・・」

 「あなたも薄くなってからは潔く剃ってるよねw」

 「ある方がいいに決まってるじゃん。プロペシアかぁ。気になるなぁ」

 「月1万円。あなたの増毛に月1万ねぇ・・・」

 「安く売ってないかググってくる

 「アイドラッグストアーで売ってた。プロペシア1mg 米国製 タイ市場向けなら月5~6千円でいけそうだ。」

 「どれどれ。ジェネリックがあるじゃん。フィンペシア(プロペシアジェネリック)なら月1,500円。これくらいなら、昼飯を何回か我慢すれば小遣いで買えるんじゃない?」

 「自腹かよ。」

 「と言うか、いまさら増毛してどうする気?若い女の子にもてたいとでも?」
 
 「すいません。諦めます・・・」

ニュースジャポン全記事ランキング


2012-10-16  Top▲

延命治療・音楽…最期の迎え方、患者が選択 初の導入へ


終末期に人工呼吸器や胃ろうなどの延命治療を希望するかどうか。高齢者医療の先端治療研究施設、国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)は近く、患者が家族、医療関係者と話し合って最期の迎え方を決め、それに沿った治療内容やケアを行う仕組みを導入する。これまで「無駄な延命」を希望しない意思を事前に示す取り組みはあったが、対話を通じて治療内容や最期の迎え方まで決める取り組みは初めて。

 年齢や病状の重さにかかわらず、全ての入院・通院患者の希望者を対象とする。計画によると、まず患者は、家族を交え、研修を受けた看護師らと面接し、治療の内容や予測される効果などの説明を受ける。その上で、最期の治療方針などを決め、電子カルテなどに記録する。

 延命治療については、心肺蘇生法や人工呼吸器、胃ろうなどの人工栄養などを、希望するかどうか三つの選択肢から選んでもらう。本人が判断できなくなった時、決定をゆだねる家族などの代理人を決めておくこともできる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121003-00000036-asahi-soci


この記事を読んで、少し前に見たこのサイトをを思い出しました。

欧米にはなぜ、寝たきり老人がいないのか

難しい問題だと思います。
死というか最後の迎え方については、人それぞれ思うところがあるだろうから。

自分がそういう状況になったら、無駄な延命治療はして欲しくない。
そう思っている人は多いと思います。

でも今の医療では延命治療しないと医者が罰せられるんだよね?
そこをなんとかしないと無理かなぁ・・・

ニュースジャポン全記事ランキング


2012-10-03  Top▲

「マグネシウム」が糖尿病抑制


食事でマグネシウムを多く取る人は、生活習慣病の2型糖尿病になりにくい-。欧米の疫学研究では以前から指摘されていた傾向が、福岡県久山町の住民の健康診断データを21年間にわたって追跡した九州大チームの調査で確認された。アジアでの研究は少なく、結果も一致していなかった。

 チームは、昭和63年の健康診断で糖尿病ではなかった40~79歳の住民1999人を平成21年まで追跡。このうち417人が糖尿病を発症した。

 住民が食事で取るマグネシウムの量は、昭和63年に70項目にわたる質問で把握。1日の平均摂取量によって4つのグループに分け、糖尿病発症との関連を調べた。

 それによると、マグネシウム摂取量が148・5ミリグラム以下の最も少ないグループと比較すると、摂取量が増えるほど糖尿病のリスクが下がるという結果になった。また、インスリンの効きが悪い「インスリン抵抗性」の人、習慣的に酒を多く飲むなど一般に糖尿病のリスクが高いとされる人で、マグネシウム摂取による予防効果がより高い可能性も示された。

 データは、横浜市で開かれた日本糖尿病学会で発表された。

 マグネシウムは豆や海藻をはじめ、精製していない食品に広く含まれる。厚生労働省は30~49歳の男性に1日370ミリグラム、同年代の女性に同290ミリグラムの摂取を推奨しているが、実際の摂取量は男性平均250ミリグラム、女性同224ミリグラム(平成22年国民健康・栄養調査)で、だいぶ下回っている。

 食品による取り過ぎの報告はないが、サプリメントなどで過剰に摂取すると下痢などを起こすことがあるという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120925-00000532-san-soci


マグネシウムといえばコントレックスを思い出したので、コントレックスのマグネシウム含有量を調べてみたら500mlで37mgだった。

http://contrex.jp/about/component/index.html

これだけじゃ1日の必要摂取量には全然足りないね

このサイトによれば、やっぱり豆類と海藻類がいいみたいですね。
https://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/magnesium.html

糖尿病が気になる方は、大豆製品、魚介類、海藻、木の実類なんかを取るようにしたほうがいいかもしれませんね。

糖尿病治療の手びき改訂第55版

ニュースジャポン全記事ランキング


2012-09-26  Top▲

不妊原因「卵子の老化」が約半数


ちょっと気になるニュースがあったので紹介します。
女性の皆様の中には反感を覚える方もいらっしゃるかもしれません。
ただ現在の医学では紛れも無い事実なんだということは理解してください。

元記事はこちらです。
不妊原因「卵子の老化」が約半数

上の記事が削除されていた時にはこちら(ウエブ魚拓化したもの。PC専用かも)
不妊原因「卵子の老化」が約半数

女性の方には衝撃的な内容かもしれません。

倖田來未事件の時に女性からすごい反発があったことを考えると、「卵子の老化」もまだ女性の間では常識というレベルの認識にはなっていないんでしょうね。
まぁ倖田來未事件は卵子ではなくて羊水でしたが。

あの倖田來未事件以来、歳を重ねるごとに妊娠がどんどん困難になっていくという事実にふたをしようという風潮が何となくあるような気が個人的にはしています。

日本産科婦人科学会によりますと、体外受精など高度な不妊治療で出産できる確率は、卵子の老化の影響で、45歳では0.5%に低下します。(上記記事からの抜粋)


すごく衝撃的な数字ですが、アメリカでも似たような数字が報告されているようです。
高度な不妊治療のおいても妊娠率を左右する最大の要因は年齢
魚拓

やはり40代になると厳しい数字みたいですね・・・

子供を欲しいと考えている方は、「生理があればいつでも妊娠できる」と考えずに、早めに行動を起こしたほうがいいのではないかと思います。

ニュースジャポン全記事ランキング


2012-06-24  Top▲
Copyright © ニュースジャポン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。